2022年01月11日

マジですか!?屋根の雪下ろしが重要である、もう一つの理由

Yuki-oroshi 合掌造り 雪下ろしYuki-oroshi 合掌造り 雪下ろし / tsuda

※イメージ画像です。

なるほど。そんなことが...

【雪の重みで家が潰れる、だけじゃない。】


ほぼ雪が積もらない大阪にいると、雪下ろしが大切な理由は重みで家にダメージを食らうから、と思ってしまいそうですが、どうやらそれだけではないようです。

temita.jpで紹介されていた図解を見ると、なるほど納得な理由がもうひとつありました。

それがこちら。



住んでる人からすると、こっちのほうが恐怖かもですね。

めったに雪が降らないけど、今年のようにあちこちドカ雪になって、久々に雪がどっさり屋根に積もった方は覚えておきましょう。

【関連記事】


前兆、逃げ方を覚えておこう...伊吹山で雪崩 4名が巻き込まれる 滋賀

なんという身体能力...氷上バランス耐久に挑んだ男(2021)

この方法は場所を選ぶ...ロープ1本で屋根の雪を落とそうとしてエラい目に遭った人(2021)

商品化されたんや...室蘭工大など開発の腰に優しいショベル『Z型ショベル パンチャー角』製品化(2021)

日本でもこうする?電線の雪を落とす作業(2021)







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防災財源確保に、事業用太陽光パネルに課税 1平方mにつき50円 市議会で可決 岡山県美作市

TaxTax / 401(K) 2013

※イメージ画像です。

全国初、だそうです。

【年間1億1000万円程度の税収見込】


当ブログでも先日、ちらっと触れましたが、岡山県美作市で事業用太陽光パネルに課税する法定外目的税が市議会で可決された、とOHK岡山放送が伝えています。

記事によりますと、事業用太陽光発電所の設置面積に応じて発電事業者に課税をする条例案が、先月21日、美作市議会で賛成多数で可決された、とのことです。

この条例案は、発電施設周辺の防災対策費用の財源を確保しようと、美作市が導入を目指していたもので、課税対象は、出力10キロワット以上の発電事業者で、課税額は発電パネル1平方メートルにつき50円、今後、国から同意が得られれば、条例が施行される、と記事は続けています。

地方税法に基づく法定外目的税で太陽光パネルへの課税は全国初で、対象となる発電所は市内に約280カ所あり、年間1億1000万円程度の税収が見込める、とのことです。

【補償積立的な部分も必要なのでは...】


近年、メガソーラー施設周辺では、豪雨による被害が問題となっているので、周辺地域に対する防災対策は必要だし、財源をどうやって確保するかも課題だったので、これがうまく機能すればよい対策になりますね。

ただ、近年の気象災害は想像を越える被害をもたらしたりするので、防災も大切ですが防ぎきれるかどうかはいささか疑問なので、土砂災害や洪水などの被害が発生した後の補償なんかの部分も対策しておいたほうが良さそうですけどね。

この目的税にそれが見込まれていればよいですが。

全国初の条例可決ということで、他の自治体も今後検討されるかもしれませんね。


【関連記事】


なるほど納得...4知事、盛り土の罰則つき法規制を国交相に要望


国の法整備が必要なのでは?荒れる太陽光発電施設開発による土砂災害対策

ようやく、という感じですか...太陽光発電、傾斜地での設置に規制強化の方向で 環境省

太陽光発電現場でのり面崩れる、別の現場では土砂流出 熊本

最初から除外されてないのが不思議...再生エネ促進区域から土砂災害危険エリア除外 環境省


(株)ケイエフの地表面処理工 マルチプロテクション工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請







posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする