2022年01月21日

おい!?...餌を横取りされたカエルのリアクション



※画像は@PIYO_KAERU氏のTweetからキャプチャさせて頂きました。

カエルもこんなリアクションするんですね。

【二匹とも同じリアクションがおもしろい。】


@PIYO_KAERU氏がアップしていた動画がおもしろいです。

2匹のカエルに餌を与えていたら、あとから来たカエルがパクっと。
それをみたもともといた2匹のカエルのリアクションが、人間さながらです。



早いものがちが自然界の掟だと思うのですが、このリアクションを見てると、カエルの世界には人間並の道徳観みたいなものが存在するのか?と思ってしまいます。

それにしても、いい表情してますね、3匹とも。

よい週末を。


【関連記事】


骨折不可避ですね...イノシシ突進の破壊力がよく解る映像(2021)

いいヤツだ!...水没したご主人さまの車を一緒に押すわんこ、現る。スコットランド(2021)

あらゆる現場で活躍中の『Spot』くん、ついに『顔』を手に入れる。(2020)

コントか!?...中国の、とある散髪屋の新型コロナウィルス対応が話題(2020)

『ショートコント!釣り!』って最初に言いたくなる動画(2020)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☔| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなのがあるのですね、国内に5台しかない『水陸両用ブルドーザー』が矢作ダムで稼働中



※画像は岐阜新聞の動画からキャプチャさせて頂きました。


遠隔操作の重機ってそんな昔からあったのですね。

【国内では5台のみ、生産はすでに中止】


岐阜新聞で取り上げていた、ちょっと変わり種の重機が興味深いです。

記事によると、同水陸両用ブルドーザーは、コマツ社製で1968年に製造、現在は生産中止となっており、国内にあるのは5台のみ、だそうです。

岐阜新聞が動画をアップしているので、どうぞ。



2台が昨年11月下旬から矢作ダムに派遣され、ダム湖にたまった土砂を運び出しており、水深7メートルまで活動できる、と記事は伝えています。

【メンテとか壊れたら、どうするんだろ?】


リモコン操作で稼働するようですが、そんな昔からリモコン操作の重機ってあったのですね。びっくり。

改良されたものがあるのかどうか、分かりませんが、もしこの5台が壊れたらどうするんですかね?

フォルムがなんともノスタルジックな形で、サイバーパンクなアニメとかに出てきそうです。

【関連記事】


あのBD社の『ロボわんわん』もどきのミニチュア版が6万ぐらいで手に入る『Mini Pupper』

自律走行ロボットで資材運搬の自動化を目指してSMHDと竹中土木が共同研究(2021)

さながらゲームセンター...キャタピラー社も遠隔操作テクノロジー「Cat Commandステーション」販売を発表 2022年に(2021)

目標は月で!...1000Km離れた場所から重機操作の実証実験に成功、JAXAと鹿島建設(2021)

現場もテレワーク可能へ前進...スマホでダンプ動かせるシステム 実証実験成功(2021)



(株)ケイエフの超音波を用いた非破壊測定システム NND



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請







posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする