2022年01月27日

こりゃ便利。腰をかがめずに苗を植えられるアイテム




日本でも『ハンドプランター』という名前で売ってるみたいですね。

【腰にやさしい】


小太郎ブログで紹介されていた農作業アイテム。

年々高齢化が進む農業界にあっては、必須アイテムかも。
これなら、老人でもらくらく苗を植えられますね。

babby plant gun


3000円ぐらいのものなので、知らなかった人は検討してみてはどうでしょ?

【関連記事】


山の中で手軽にカップ麺が食べられるようになる...超保温ボトル『N-HEATEX』ニトリ(2021)

腰を痛めない除草作業機、爆誕(2021)

これは有能、爆竹+蚊取り線香で作った獣害対策アイテム(2021)

こんなところも電動化 現場で使う、ねこ車電動化キット「E-Cat kit」(2021)

カモちゃんのほうがいいカモ...日産、田んぼの雑草対策に『アイガモロボット』を作ってしまう。(2019)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電で環境省から総務省へダメ出し、土砂災害懸念で

Solar PanelsSolar Panels / dirvish

※イメージ画像です。

自然エネルギー利用への道は険しそうです。

【生態系への悪影響や土砂崩れなどの問題が各地で浮上し、反対運動も広がる】


東京新聞の伝えるところによりますと、山口壮環境相が25日、埼玉県小川町で計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)の環境影響評価(アセスメント)で、計画の抜本的な見直しを求める意見を萩生田光一経済産業相に提出した、とのことです。

盛り土の大量使用による土砂災害の恐れなどを重くみたものと思われ、2020年4月にアセス対象に加わった太陽光発電で環境相が抜本的見直しを求めるのは初めて、と記事は続けています。

【狭く山の多い国土ゆえ、再検討が必要かも】


このところ、メガソーラー関連では課題が浮き彫りになってきましたし、熱海市の土石流など近いところで大きな災害も発生してますからね。

そして、関連して熊本では、林野開発する際の防災策が義務化される、というニュースも出てます(yahooニュース)。

国は再生可能エネルギーの普及を掲げていますが、自然エネルギーの利用関連は何かと課題が多いようで、京都では風力発電への意見書も町長から知事へ出されているようです。(毎日新聞 ※記事は会員登録しないと全文読めない内容となっています。

日本の国土に適した自然エネルギーの活用をいま一度考え直してみる必要があるのではないですかね。

【関連記事】


防災財源確保に、事業用太陽光パネルに課税 1平方mにつき50円 市議会で可決 岡山県美作市

最初から除外されてないのが不思議...再生エネ促進区域から土砂災害危険エリア除外 環境省(2021)

なるほど納得...4知事、盛り土の罰則つき法規制を国交相に要望(2021)

国の法整備が必要なのでは?荒れる太陽光発電施設開発による土砂災害対策(2021)

ようやく、という感じですか...太陽光発電、傾斜地での設置に規制強化の方向で 環境省(2021)



(株)ケイエフの自然生育型緑化工法 土壌菌工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請








posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする