2022年09月01日

もう何も信用できなくなるかも...最新のロボット&動くアバター画像がヤバい件





わざわざそこまで似せなくてもよくなくない?

【限りなく人間】


最新テクノロジー動画を2つ。

まずなレバテックLABが紹介していた動くアバター画像技術。
記事によりますと、ロシアの研究チームが、1枚のポートレート写真から高解像度(メガピクセル)の動く頭部アバターを生成するシステムを開発したそうです。

どんなふうに動くかというと、動画をどうぞ。



こんなの、本人死んでても解りませんよね、これだけぐりぐり画像一枚で動かされたら。
背景のゆがみであぁ合成か、って解りますが、もちっと精度が上がれば、もう...そう言えば、以前も画像一枚で別人なりきりAIがありましたね?あれとは違うんでしょうか?

もうひとつは、ロボット。

こっちは実態があるわけですが、ナゾロジーで紹介されていた英国製リアルな人型ロボット「Ameca」が、バージョンアップしてさらに人間らしい表情を見せているそうです。

その動画がこちら。



キモぉ....でもかつて言われてた『不気味の谷』よりはマシですね。

そう言えば、ヤマハの『なりりき音声技術』ってのもありましたね。

生きてる間に、こういうのが街を闊歩する姿が見れる時代が来るかもしれませんね。

【関連記事】


やっぱ課題は多いかも...配達ロボットの受難あれこれ

どこの国の女優!?いや、そもそも存在しないんですよ、この女優。

画像一枚と動画で別人になれる『SberSwap』という映像技術がすごい。

なんというアプリ?...AIを使った自動数数えアプリがすごい。(2021)

AIが未来の自然災害を予測?カナダで”あらゆる自然災害”を予測するAIを開発中。(2019)







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー CPDS申請中





posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は『防災の日』、yahoo、防災特設サイト公開ほか、この機会に見ておきたいサイト

Tokyo Sky tree, View from Sumida river. 蔵前から見たスカイツリーTokyo Sky tree, View from Sumida river. 蔵前から見たスカイツリー / T.Kiya

※防災の日、東京スカイツリーは特別ライトアップされます。


こんなきっかけでも無ければ意識しない人は特に。

【どんどん他人事ではなくなる自然災害】


本日9月1日は『防災の日』。

地震・台風大国 日本にあっては定期的に大きめの自然災害に襲われるので、なんとなく準備してる人は多いかと思いますが、近年はその規模が激甚化して、想定外の事態ばかりです。

こんなきっかけでも無ければ備蓄品をチェックしたり、実は昔の防災知識が役立たずになっていいたりすることもあります。

というわけで、この機会にご自身の防災知識、防災備品を見直すきっかけにしてみてはどうか、と思う記事を集めてみました。

■ヤフー×LINEが「3分でできる避難訓練」公開。「防災の日」災害に備える(Impress Watch)

yahooが防災特設サイトを公開しているようです。
3分で出来る避難訓練シミュレーション』という、ゲーム感覚でアバターを水害から避難させる防災コンテンツも公開しているようです。



■住んでいる地域で大地震が発生すると思う人は6割 家庭での地震・防災対策1位は?(IT mediaビジネス)

SBIグループのSBIいきいき少額短期保険が実施した「地震・防災に関するアンケート調査」のアンケート結果を公開しています。
ご自身の感覚と照らし合わせてみては?

■防災の日に見直そう!これだけは準備しておきたい家庭の備え(iZa)

もう、イヤッちゅうほど言われて来た防災備品ですが、抜けてるものないですか?こっちのほうがいいかも、みたいなのが見つかるかもです。

■携帯発電機は風通しの良いところで、強い衝撃受けたモバイルバッテリーは使わない――防災の日に向けてNITEが注意呼びかけ(ケータイWatch)

災害発生時に重要なのが通信インフラ。スマホで通信が出来ないと生存確率がぐんと下がってしまいます。
なので、正しい知識を持って適切に使えるようにしておきましょう。

■いざという時にも使える! コンパクトな「防災」文具(NIKKEIスタイル)

上向きでも書けるボールペン、いいかも。

■ハザードマップポータルサイト(国土交通省)

お住まいの地域の色んな自然災害をマップ上に重ねて見ることが出来ます。

■Action!防災・減災(日本赤十字社)

家の中の危険なものを図解。


【関連記事】


ハザードマップで確認を...降り続いた大雨で発生した土砂災害、7割は県指定の「土砂災害警戒区域」秋田県

将来的にはこれで一本化したい...停電時には手に持てば懐中電灯になる電球『tsuita』

覚えておくとよいかも、Googleマップ(アプリ版)に大気汚染度を示す「空気質指数」が表示されるように

ますますネット回線が重要に...災害時の物資要請を効率化、防災DXツール「B-order」β版 試験運用開始

最近地震も多いので...堺市、『ゴルゴ13』とコラボした防災冊子を配布 11日から


(株)ケイエフのストレッチャーや車いすにトランスフォームする看板、マルチ看板



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする