2022年09月12日

高圧線近くの木をちゃんと処理しておく事は大事だ、と気づかせてくれる映像





まさかの大惨事。

【山の中なら、なおさらですね。】


ひろぶろで紹介されていた映像が、ヤバいです。

高圧線に触れた樹木が一瞬で大火事になる絵像です。



記事では台風か何かで木が電線に接触とありますが、これ、伐採の最中なのでは?と見えるのですが、如何ですかね。

こんなに激しく燃えるとは思わなかったです。

やっぱり樹木の剪定は大事ですね。

それにしても手前の二人も撮影者も呑気に眺めてる場合じゃないと思うんですが。


【関連記事】


安全対策装備品がいかに重要か、を的確に示す事例が撮影される。

別の意味で打ち上げ花火に失敗すると、こうなる事例が発生


お子さんのいる方必見、子供ならやりかねないエスカレーターの事故映像

昔のアニメそのものだった...ヨルダンの港でタンク落下、有毒ガスがまん延する映像

日本の消火器でもこうなる??しっかり固定して使わないとエラいことになる消火映像





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





ラベル:高圧線 樹木 火事
posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地下水で崩落、と結論 熱海土石流 静岡県検証委

Upstream from Westside Road flood revetmentsUpstream from Westside Road flood revetments / Mount Rainier NPS

※イメージ画像です。

全容解明ってできるんですかね?

【表流水が崩落の主因だと語る土木関係者もいる】


静岡新聞の伝えるところによりますと、熱海市伊豆山の土石流を巡り、盛り土崩落の原因を探る静岡県の検証委員会が、大量の地下水の流入によって盛り土内部が泥状になって崩落に至ったと結論付けることが、6日までに関係者への取材で分かった、とのことです。

本結論は、県が数値解析に基づき前回会合で示した地下水による崩落の推定を検証委委員が実験して裏付けたことによるものだが、土石流が時間差で何波も発生した要因は特定できていないなど、全容解明と言えるかは疑問も残る、記事は続けています。

【before-afterを知るには事前の状態データがないと...】


とりあえずは、原因の一端は解明できた、ということでしょうか。
全容解明には発生前の状態を示すデータがどこまであるか、だと思うので、なかなか難しいかもです。

ただ、原因のどれくらいの割合が人為的な要因か、は割り出せそうですね。

台風シーズンの今、大雨被害が沢山出ているので、同様の土石流が発生しないように対策を考えないとダメですね。

【関連記事】


ひとつの解決法としてはありか、土石流災害の伊豆山港復旧クラウドファンディングで目標達成

せめて人災での被害拡大しないようにしてほしい、違法盛り土を厳罰化、盛土規制法 政府改正案

実態把握は必要かと...建設残土、地方整備局、未把握 行政評価局が是正勧告(2021)

これは解りやすい。国内最大級の『土石流実験装置』、広島大に完成(2021)

熱海市土石流など7月の大雨被害、政府が激甚災害へ指定(2021)


(株)ケイエフののり面緑化工法 植物誘導吹付工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする