2022年11月01日

こういう発想は日本だけなのかな?一枚の画像で理解する環境問題


Photo credit: Timothy Valentine on Visualhunt.com

※イメージ画像です。

吹いた。

【ちゃんと考えたほうがいいのでは...】


えのげほかあちこちで取り上げられている一枚の画像。

いいんですか、こんな発想で?



そして、こういうご意見も。



国レベルで再考したほうがよいかも。


【関連記事】


ランウェイに水を!アレで...ファッション業界流SDGsの表現の仕方。

今年の夏、持ちこたえられるの?シベリアの『地表温度』が48℃を記録した、らしい。(2021)

コスモクリーナーか!?...長3封筒サイズの設置面積の機械でCo2年間1トン処理できる技術を開発 東芝(2021)

マジか...環境にやさしくゴミ分別って、こういう事なんです、マットレス処分編(2020)

レンガが出来上がるほどか!?お隣大国の大気汚染の酷さを訴える男の取った方法は...(2015)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー CPDS申請中





posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろいろツッコミどころは多いけど、このスタイルが必要かも『BeTRITON』





都市部の水没がひどい昨今なので、こういうビークルがあってもいいかも。

【だがお値段が...そしてデカい。】


PhileWebで紹介されていたガジェットです。

ボートにもなる電動自転キャンピングカー「BeTRITON」というビークル。
なんかリアカー感が否めませんが、電動自転車の後ろに屋根付きリヤカーをくっつけたような奇抜なデザインだが、このリヤカー部分が荷台兼宿泊用キャビネット、そして水上をたゆたうボートにもなるキャンピングビークルです。

記事の説明より一部引用させて頂くと、
ルーフ部のソーラーパネルで車載のリチウムイオン電池を充電でき、電動アシスト自転車としては約30マイル(約48km)の駆動距離を提供、ボートとして使用する際は推進用モーターの電源にもなる・・・(中略)・・・室内には折りたたみ収納式のテーブル、USB給電端子、簡易な収納スペースと照明、GPS、さらにはBluetoothスピーカーなどが備え付けられており、宿泊はそれなりに快適そうだ。

、だそうです。

もちろん、モーターボートとしての利用も可能。(淡水専用、らしいですけど。電池切れでもオールが付いてるから大丈夫、だそうです。)

BeTRITONは現在市販に向けての生産体制を整えている最中で、1台あたりの価格は1万4500ユーロ(約200万円)になる見込み、当面は欧州でのみ販売、と記事は伝えています。

プロモ動画がいろいろなシチュエーションで紹介されています。

【キャンプ編】



【日常使い編】



いやいや、それはかなり無理があるのでは...

【レンタル編】



これが一番現実的運用か??

【キャンパーにはアリかもだけど。】


基本的にキャンピングカーに手が出せない人向けのキャンプ用ビークルですが、最近、大雨による都市部水没が頻繁に起こる状況にあっては、防災アイテムのひとつとして考えてもよいかもしれません。

ただ...200万はちょっと出せないですよね、これに。
普段遣いのちゃりんこをもっと手軽に水陸両用+簡易宿泊可能なマシンに改造できたらいいんですが...いや、それがこれなんでしょうけど。

まぁ、宿泊は必要ないか...街が水没してても移動できる手段はちょっとほしいところです。

【関連記事】


山間部でも高速通信が可能になる、イーロン・マスクの衛星通信『スターリンク』日本でのサービス開始

天才、現る...太陽光発電をもっとも有効活用する男

将来的にはこれで一本化したい...停電時には手に持てば懐中電灯になる電球『tsuita』

教えてアフガン人!先史時代からあるアフガン式保存技術がすごい。

地震時にも強い井戸の活用が広がっている、らしい。


(株)ケイエフの反応型けい酸塩系表面含浸材 リアル・メンテ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請



posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする