2022年11月14日

ロバは仕事を楽にする方法を知っている。




科学的だ。

【本能っぽい。】


@aelzarka氏のTweetより。

ロバが階段を登る風景のようですが、よく階段とか上り坂とかはジグザグに登ると負荷が少ないと聞きますが、ロバは本能的に(あるいは経験的に?)それを知っているようです。



途中で止まってる個体がいますが、次が登ってきたら動き出すので、待ってあげてるんですかね?すごい。

【関連記事】


まさかそっちからか!登山途中にクマの襲撃に遭う、緊迫の至近距離映像 埼玉

子供にはトラウマ級!?恐怖の猫型配膳ロボット...テクノロジーとは...

まぁ暑いしね...いやそうではなく、元々『彼ら』は泳ぐらしい。

野生動物は動く前に方針決定を...シカの瞬発力がすごい映像

見た目通りの極悪非道な脅しいーぬ、現る。






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー CPDS申請中





posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100年かかるものを30年で出来ないか?への気の長い挑戦、人工土壌を作る研究 森林総合研究所


Photo credit: h_saarikoski on Visualhunt

※イメージ画像です。

後継者問題も課題となりそうですね。

【一世代では終わらない研究】


読売新聞オンラインにちょっと興味深い記事があります
※会員登録しないと途中までしか読めませんが...

詳細は記事を読んで頂ければよい(途中までは登録しなくても読めます。)かと思いますが、『土を人工的に作り出し、世界の食料問題を解決したい』と題されたこの記事は、森林総合研究所の藤井 一至 主任研究員の『人工土壌の研究』について書かれた記事です。

記事より一部引用させて頂くと、
一般的には厚さ1センチ分の土壌ができるのに100〜1000年かかる。ところが、藤井さんはインドネシアの土壌を研究していた2015年頃、過去に採取された試料を整理して調べ、荒廃した土壌が約30年で10センチ近く回復した例を見いだした

と記事は綴っています。

【土って何か?を初めて聞いた。】


空気とは何かって、元素記号使えば、なんとなくあぁ、という感じですが土って何から出来てます?と言われたら確かに、いや土は土でしょ?みたいになりますね。

しかし、色んなモノが混じって出来上がったもので、1センチの土壌が出来上がるのに100〜1000年かかるというのはびっくりです。

記事を全部読んだわけではないですが、欧州や中東では今年ひどい干ばつに見舞われたようですし、『土』がなければ植物が育たないので食料問題に発展しますね。

気候変動や環境汚染など、色々問題になる昨今、今後良質な『土』の需要も高まるかもしれません。
しかし、結構な年月がかかりそうですね、この研究。

【関連記事】


オイルマネーパワーはすごいな、サウジアラビアの環境未来都市構想『The Line Project』着工開始

ランウェイに水を!アレで...ファッション業界流SDGsの表現の仕方。

森林は大事、『水源かん養保安林』の能力がすごい、動画

のり面に緑肥を植えて、Co2を土壌炭素貯留 実証実験、化粧品製造会社の枚方工場で

汚水処理もロボットの時代!?重金属を回収するナノロボット開発される



(株)ケイエフの自然生育型緑化工法 土壌菌工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする