2022年11月15日

デザインもよいし、楽しく調査できそう。老朽化した下水道管を歩いて調査するクモ型ロボット



※画像はtmsukのyoutube動画よりキャプチャさせて頂きました。

最近のロボットはデザインがよいですね。

【ゲームコントローラーで操作可能】


Gizmodoで、下水道管を歩いて調査するクモ型ロボット「SPD1」というロボットが紹介されています。

同ロボットは、テムザックという企業さんの商品で、道路・下水道管整備会社からの依頼で作られたクモロだそうです。

では動いてるところをどうぞ。



何台か、連携させて使うと、より効率的だそうです。
商品化はまだ先のようですが。

【関連記事】


なかなかよいシステム、課題もあるけど...中国のロボットを使ったクルマ移動システム

子供にはトラウマ級!?恐怖の猫型配膳ロボット...テクノロジーとは...

将来を考えるとコストアップもやむなしか、輪島道路工事用道路側面のり面保護工の現場でドローン資材運搬を試行 北陸整備局

動きがちょっと昭和っぽい...ドローンでりんご収穫する実証実験の映像

何キロまで大丈夫なんだろか?アングルグラインダーを連結して『ドローン』にしてみた件





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土砂災害のピンポイント警報につながる比抵抗モニタリング装置を開発、中央開発と早稲田大学理工学術院


Photo credit: IDI at NTNU on Visualhunt

※イメージ画像です。

今後の実績数に期待ですね。

【電気の流れにくさから帯水層を捉え、斜面災害警報に】


PR Timesのプレスリリースによりますと、中央開発株式会社が、早稲田大学理工学術院 上田匠准教授との共同研究により,比抵抗モニタリング装置を開発し,日本応用地質学会(10月13〜14日,大阪府吹田市)で発表した、とのことです。

詳細はプレスリリースでご確認頂ければと思いますが、ざっくり要約すると、地盤の比抵抗(電気の流れにくさ=電気伝導度の逆数)を常時モニタリングすることによって帯水層を捉えることができれば,斜面災害の警報システムになりうると考えたシステム、のようです。

また、逆シュランベルジャー法という測定方法を用いることで,高頻度の測定,リアルタイムの解析,装置の小型・省電力化,携帯電話回線による遠隔操作を実現した、と記事は続けています。

将来的には,斜面崩壊の先行現象を検知し,警報を発する「斜面崩壊警報システム」としての運用が期待できる、と記事は伝えています。

【減災につながるのでよいですね。】


土砂災害が予測できれば、減災になるのでよいですね。

リリースによるとすでに実証実験済みのようですが、どれぐらいの精度なのか、今後の実例数に期待したいところです。

土砂災害については、結構条件であったり発生兆候なんかも出てきてるので、対策しやすくなるかもしれませんね。

【関連記事】


いろいろすばらー!3Dプリンターで蚊を撃退する薬剤入指輪、ドイツの研究チームが開発

光ファイバーケーブルで自然災害を検知する研究が進んでいる、らしい。

過去の労災データから建設現場のリスクを見える化、安衛研らが共同開発

工事現場で実験してほしい、ドルビーらの研究チームが開発したノイキャンシステムが強烈すぎる件

災害大国日本には是非一台ほしいところ。イスラエル、『壁透視』次世代レーダーを開発



(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする