2008年08月18日

東京ガス、木屑の発電事業に本格参入

お盆休みを頂いておりましたが、今日からまたお仕事です。
皆様はお盆休みを満喫できましたでしょうか?
この夏は、原油価格の高騰なので、近場で過ごした方も多い
のではないでしょうか?
先週金曜日に近くの家電量販店に出かけたら、駐車場が
万杯でした。やはり、あまり遠出されてないのかなぁ、と
思った瞬間でした。
ちなみにわたくしは、おうちで映画(DVD)三昧な日々でした(汗)。

さて、では早速今日の気になるニュースを。
お盆前のネタですが、J-castニュースの記事によりますと、
東京ガスが木屑チップを燃料にした「木質バイオマス(生物資源)
発電事業」に参画する、と発表したようです。

年間約13万トンの、剪定枝や廃材などの破砕した木屑チップを
燃焼させて発電するんだそうで、地球環境に配慮したクリーン
電力部門を強化しながら、電力事業の価値を高めていく、との
ことです。

なるほど。しかし、木屑チップを安定して入手することは可能
なんでしょうか??5年や10年の話ではないと思うのですが...
クリーン電力で電気の供給をしていく方向性というのはすばらしい
のですが、なんせ、日々必要な電力、安定供給ができるかどうか
の問題ですね。勿論、必要電力の一部をクリーン電力でまかなう
ということなんでしょうが。

ケイエフはクールビズ実施中です。
posted by ケイエフ at 09:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック