2008年09月30日

本当は怖い、PCや携帯のリサイクルの実情

Gizmodo Japanに衝撃的なリサイクルの実情のお話が
掲載されていました。

最近、あちこちで話題の”レアメタル”。廃棄された
PCや携帯のチップなんかに使用されている金を回収すれば
高値で売買され、資源の再利用にも繋がるので、環境に
いいと世間では言われていますが、このほど、米会計検査院
が公表した、67ページに及ぶ国連調査報告書に、厳しい
裏事情が記されているらしいです。

どういう内容になっているかというと、確かに資源の有効
活用に貢献しているのは確かだが、その反面非常に多くの回収
製品が、リサイクル不能な状況下で人々の手に渡り、環境
汚染を引き起こしている、らしいです。

昨日、某テレビ番組の特集でもやってましたが、レアメタルを
取り出すのに、劇薬を使用するそうなのですが、とある
アジアの国では違法業者がマスクもつけずにその劇薬を使用
してレアメタルを取り出し、使用済みの劇薬はそのまま川や土
壌に垂れ流しているようです。

非常に恐ろしい話ですが、その国では金は国の財政を支える
貴重な資源であるため、出所がどこであろうと高値で買い取る
んだそうです。
よって、違法なレアメタル採取を野放しにしている状態
なんだとか。

テレビで、その劇薬が垂れ流された川を素足のままで入って
遊ぶ子供の姿を見ていると、とても恐ろしくなってしまいます。

ちなみに、中国でも盛んに廃品処理業者がレアメタル採取の
事業を行っているようですが、取り扱う廃品の85%は、日本
からの輸入なんだとか...

レアメタルは国内でも不足している、と言われているが、
これは高値で買ってくれる海外へ流れているのが原因で、
そのために環境汚染を逆に引き起こしている、ということを
野放しにしていていいんですかね?

何かが違うような気がするのですが...



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

循環型社会の構築に向かう、植物誘導吹付工 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー







posted by ケイエフ at 10:04| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック