2008年10月15日

怖い!風呂場で転倒、女児重症

なんとも恐ろしい事故があったようです。

Nikkeinetの記事によりますと、風呂場で女児が転倒し、
浴槽用の玩具の一部が体に刺さり重症だとして、玩具
メーカーが自主回収を行うという発表があったようです。

別のニュースの記事に詳細が掲載されていたのですが、この
事故はお父さんが女児をお風呂に入れて体を洗おうとしたところ、
床が滑って転倒し、おいてあった浴槽用玩具が体に刺さった
らしいです。

母親が浴槽に駆けつけた時には風呂場には大量の出血が
あったとのことで、救急車で搬送、一日入院して退院
したところ、帰路でまた大量出血、緊急手術となった
らしいです。

浴槽は子供に限らず、危険ですよね。
この事故の場合、玩具メーカーが責任を感じて商品の
自主回収を行っていますが、個人的には玩具メーカーの
責任よりもある種、自己責任的なものが大きいと思うの
ですが...

浴室に限らず、濡れると危険な場所はいたるところに
あります。御影石などで施工された場所などは、見た目は
きれいなんですが、濡れるとかなり危険です。

これが、商業施設などの場合、施設の管理者責任を問われる
ことも多いようです。


弊社が取り扱っております、業務用防滑処理溶剤『ゆかキュッ!と』
は、既存の床材にも滑り止め処理を施せる滑り止め溶剤ですので
改修工事を行うことなく、滑り止め処理を行うことができます。
施工も簡単で、防滑効果も3〜5年と長持ちします。
また、施工後、排水処理も中和して排水しますので、環境にも
やさしい商品となっております。

処理する床材により表面の仕上がり具合が変わりますので、
詳細につきましては、弊社営業スタッフまでお問合せください。
お問合せは、弊社本家ホームページのメールフォームをご利用
頂くか、お電話にてお気軽にお問合せください。

関連記事

業務用防滑処理溶剤『ゆかキュッ!と』のパンフレット、アップしました。

ケイエフCM第8弾!滑り止め処理溶剤『ゆかキュッ!と』




※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

転倒事故は施設の管理者責任を問われます!『ゆかキュッ!と』 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー




posted by ケイエフ at 11:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック