2009年01月08日

ついに市場に登場、ペットボトル再生利用の携帯電話 海外だけど...

つい2日前に東京都が環境減税を行うという記事を
取り扱ったばかりなのですが
、昨日新たな東京都の
施策が発表されたようですね。(方針を固めた、という
内容ですが...)

MSN産経ニュースの記事によりますと、東京都が次世代
エコカーの自動車税と自動車取得税を全額免除する方針
を固めた、とのことです(期限付きですが)。
お年始から相当なチカラの入れようですね。これはすごい。

さて、本日のお題はそこではなく、ついにペットボトル
再生利用して作った携帯電話が市場に登場する、という
お話です。しかも、使い終わった後は完全リサイクル可能
なんだとか。

IT mediaニュースの記事によりますと、米Motorolaが1月6日、
飲料水用ペットボトルのプラスチックを再利用した新携帯
電話「MOTO W233 Renew」を発表した、とのことです。

この携帯電話、どこがすごいかというと、内部の部品を含む
100%リサイクル可能で、さらに、二酸化炭素排出削減に
取り組む非営利団体Carbonfund.orgと提携し、Renewの製造、
配送などによって排出される二酸化炭素を、再生利用可能な
エネルギー源への投資などを通じ、オフセット化することも
明らかにしている、ということなんです。

地球環境にとっては、まさに理想的な製造物というわけですね。
2009年第1四半期中に発売予定ということなので、春には
海外で地球にやさしい携帯電話が登場するんでしょうね。

日本国内での携帯電話市場はそろそろ頭打ちに来ているようで
販売台数が低迷しているようですが、今後、日本にも地球に
やさしい携帯電話が店頭に並ぶ日が来そうですね。

気になるのは価格ですね。いくらぐらいなんでしょうか?
日本では携帯電話を一括価格で買うと、高いのだと7〜8万
とかしてしまうのですが、色んな機能をそぎ落として
2〜3万で済むなら、個人的には間違いなくこのリサイクル
携帯に乗り換えます(汗)。個人的には、明日から携帯電話
が無くなっても、何も困らない人なので...

関連記事

これは欲しい!全部リサイクル品でできた携帯電話

うちエコ ケイエフはチーム・マイナス6%に参加しています。
posted by ケイエフ at 10:14| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック