2009年03月05日

カーボンフットプリントセミナーに参加してきました。

カーボンフットプリントセミナー昨日、近畿経済産業局および
関西エコプロダクツ・フォーラム主催の
『カーボンフットプリント制度の実用化・
普及推進に関する最新動向と今後の取組み』
というセミナーに参加してきました。

大阪府合同庁舎で開催されたの
ですが、200名弱ぐらいの参加者
が参加されてました。

まず、カーボンフットプリントとは何か?
ということなのですが、頂いた経済産業
省の資料による制度の在り方(指針)
よる定義では、
『商品・サービスの原材料調達から廃棄・
リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して
排出される温室効果ガスの排出量をCo2量に換算して、当該商品およびサービスに簡易な方法で
分りやすく表示する仕組み。』

となります。

なんだか難しそうに聞こえますが、その商品なりサービス
なりの材料から廃棄までの間にどれだけCo2が排出されて
いるか、というのを商品のパッケージなんかに表示します
という仕組みです。

それを表示することになんの意味があるのか、というと地球温暖化が
叫ばれる昨今、メーカーサイドでは、うちの製品(サービス)はCo2
排出量が少ない、環境にやさしい製品なんですよということをアピール
するものであり、また末端ユーザーとしても環境に配慮した製品を選ぶ
ことにより、より地球温暖化防止に協力するということに繋がるわけ
です。(もっと深い意味がありますがそれはのちほど。)

制度としては、すでにパイロット運転で始まっている制度なのですが、
まだまだはじまったばかりで現在、このカーボンフットプリントを
施した製品は試験的に販売されてはいるものの、制度の中身が煮詰まって
いない、課題山積な状態のようです。

もともとはイギリスから始まったこの制度、各国の対応もまちまちの
ようです。
日本での本格導入はこの4月からとなるようですが話を聞いていると
半年やそこらで制度の中身が整うのだろうか?と思えるほど色々な課題
が残っているように思いました。経済産業省としては、かなりやる気
なのですが。
業界ごとの基準やらCo2排出量の算定基準、計算方法などなど、色々
あるようですが、最終的にはJIS化したいようです。

カーボンフットプリントマーク(仮)さて、このカーボンフットプリント制度に使用される
マークですが、左のマークが現在、仮で使われている
ようです。
このマーク、何に見えますか?会場で質問されたのですが
これ、”ハカリ”をイメージしたものなんだそうです。
講師の東大教授 稲葉氏いわく、何人かの方から”ハカリに
見えない。”とあまり評判がよろしくないらしいです。
なので、このマーク、今後変わるかもしれません(汗)。

あとちなみに、このマークを作るにあたって、映画監督の大林宣彦氏やピクトマーク(非常
出口なんかのマークです。)の製作者なんかが選考委員会に参加していたんだとか。

今回のセミナーには、試験販売を先行して行ったイオングループ様と
コクヨ様が試験結果の報告と取組みについてお話しされていました。

イオングループ様は1月から10店舗でお米や野菜にカーボンフット
プリントを表示して販売されたようです。

コクヨ様は、以前、当ブログでもニュース記事を取上げさせて頂き
ましたが、自社製品の中で環境に配慮されていない製品について
『×ECO』という独自のマークを表示し、この『×ECO』マークのついた
商品がなくなるように努力する、という制度を設けていらっしゃい
ます。今回は、これに加えてカーボンフットプリント表示を行い、
今月からいくつかのコンビニなどに並ぶノートなどにはカーボンフット
プリント表示のついたものが並んでいるようです。

各社の試験販売の結果から見えてきた課題は、やはり、算定基準の
明確化であったり、作業が煩雑になるので簡素化する手段が必要
であったりするようです。
また、末端ユーザーにカーボンフットプリント制度が浸透していない
ので、説明が必要なため、まずは社内スタッフの教育からしないと
いけないなどの課題もあるようです。

最後にパネルディスカッションが行われ、稲葉教授から両企業様への
質問として、このカーボンフットプリント制度導入について、ビジネス
としてのメリットはあると思いますか?という内容の質問がされて
いましたが、その回答がかっちょよかったです。
売上げアップの戦略という位置づけよりは、企業としての社会的責任
としての位置づけだと思います、とさらっと答えられていました。
(ほかにもコストの見直しに役立つとか、メリットは色々あるように
 答えられていました。)

ここが大企業のすごいところですね。なんでもかんでも儲けだけを
考えるのではなく、企業としての社会的責任を常に意識し、国際社会
の一員であるというスタンスを持ち合わせている、ということで
しょうか。

あと、同質問の際に経済産業省からの意見も大変勉強になりました。
どういう内容かというと、世界が環境保護のスタンスを取っていく
中で、日本が対応していないと、グローバルな市場への参入の障害に
なりかねない、そのためにも必要なのだ、と。
なるほど。

なるほど、確かに”金儲けばっかり考えて地球環境を無視した製品
ばっかり売りつけるような国とは取引しません”と言われたら、
ビジネスチャンスが無くなってしまいますよね。
ヨーロッパの環境保護基準は相当厳しいという話をよく耳にするので
おっしゃるとおりだと思います。
とても勉強になりました。

今後もこのようなセミナーを開催していくのと、色んなところで
フォーラムが開催されるようなので、一度参加されてみては、
どうでしょう?

あと、暴露ネタを少々。
パネルディスカッションに参加されていた(社)産業環境管理協会の
理事長さんが来られていて、どこで入れ智恵されたのか知りませんが
『大阪でセミナーや講演をするときは、”笑い”をとらないといけない』
と言われたらしく、最後にちょっとボケをかましてましたが、見事に
スベってました(涙)。
理事長さん、ごめんなさい、暴露してしまいました。

他府県からお越しなる講演者の皆様、大阪人はモノ心ついたときから、
お笑いバイブル”吉本新喜劇”で鍛えられておりますゆえ、勢いだけで
笑いを取ろうとすると、大やけどをしてしまいますので、ご注意
下さい。
ウケを狙いたい方は、それなりの覚悟が必要かと...





※JavaScriptをONにするとflashブログパーツが表示されます駐車場を緑化しませんか?エコクールパーキング by (株)ケイエフさん
カンタンCM作成サイト コマーシャライザー




posted by ケイエフ at 15:15| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

気候難民⇒地球温暖化の影響、世界中で急増!
Excerpt:  1.始めに 温暖化の影響は、永く暮らした土地を離れざるを得ない人々「気候難民」を世界中で急増させている。その直接の要因は海面上昇に伴う浸水であったり、干ばつであったりだが、その大元は地球温暖化だ。現..
Weblog: 明日への道しるべ@ジネット別館
Tracked: 2009-03-05 19:27