2009年04月17日

”リユースショップ”と呼んで!業界団体発足

今やパソコンとインターネットなしでは仕事にならない昨今。
情報伝達手段としてのメールもまたしかりで、正しく使えば
非常に便利なツールではあるのですが、いかんせん、スパム
と呼ばれる迷惑メールも多々来ますよね。

このスパムメール、全世界で62兆通も流通しているわけで
そのスパムを削除したり、ジャンクとして誤って認識された
正規の電子メールを探すような単純な行動だけで、米国240万
世帯と同量のエネルギーを年間で消費し、20億ガロン
(約75億7000万リットル)のガソリンを使用する310万台の
乗用車と同量の温室効果ガスを排出する、とCNET Japan
の記事が伝えていました。

スパムメールは人をイライラさせるだけでなく、環境にも
悪影響をおよぼしているということですね。
今日も弊社のメールアドレスに意味不明な怪文書系スパムが
来てました。やめてくださいね。

さて、nikkei BP netの記事によりますと、リユースの認知度を
向上させ、業界内の透明度を高めることを主眼に、中古パソコンや
ソフトなどを販売する「HARD OFF」のハードオフコーポレーション
など8社が、『日本リユース業協会』なる団体を発足させたそうです。

記事によりますと、発足の背景として景気後退によるコスト削減や
環境対策に関心が高い顧客が増えて、リユース市場の規模は拡大して
いる一方で、リユースに対する誤解や、一部盗品を扱う業者が存在
するといった不透明な状況も生まれていた。そこでリユースの
認知度向上と透明度アップを目指したとのことです。

なるほど、我々が普段”リサイクルショップ”と呼んでいるお店の
ほとんどは、”リユースショップ”ですよね。

wikipediaで見ると、”リサイクル”とは、製品化された物を再資源化
し、新たな製品の原料として利用すること、となっているので、
リサイクルショップは再資源化してるわけではなく、一度製品化
されたものをそのまま、あるいは修理して利用するので、リユース
となりますね。
ただ団体ができるのはいいのですが、どこかで統一してほしいと
いうのもありますね。日本人はなにかと団体を作るのが好きなようで
あちこちで似たような団体ができると、かえって混乱を招くことに
なりかねないですからね。

みんなで止めよう!地球温暖化 ケイエフはチーム・マイナス6%に参加しています。
posted by ケイエフ at 10:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック