2009年04月27日

古着でエコ+社会貢献『ワンコイン・エコ』

早いところでは黄金週間が始まっているようでなんとも
うらやましい限りです。
しかし、昨日あたりから豚インフルエンザの話題で折角の
黄金週間に水をさすようなニュースが飛び交っていますね。
海外、特に南米方面に旅行を計画されている方は外務省などの
情報をチェックして最悪の黄金週間にならないように注意
しましょう。あと、持って帰ってこないでね。

先週末はものすごい突風が吹き荒れていて、春とは思えないほど
寒い週末だったのですが、早いところではビアガーデンなんかも
はじまっているんだとか。
ビアガーデンと言えば、入場料だけで120種類のビール飲み放題な
イベントがあるのをご存知ですか?
日本地ビール協会が主催する、国内最大級のビールイベント
「ジャパン・ビアフェスティバル2009」というのがそれ。
入場料4000円前後(前売りチケットの場合で開催地による)で
120種類のビールが飲み放題なイベントだそうです。

ビール大好きな方はチェックしてみてはどうでしょうか?
残念ながら、開催地は東京、大阪、横浜の3箇所です。
開催は東京が6月、大阪が7月、横浜が9月のようです。
詳細はマイコミジャーナルの記事でどうぞ。

さて、それはさておき、先日、当Blogでも何度か取上げ
ました古着のリサイクルがスーパー、百貨店を中心に活発に
なっているようですが、その上をいくサービスがあるようです。

Techinsightの記事によりますと、買い取ってもらえないような
古着プラス500円で、開発途上国に古着とワクチンをセットで
届ける『ワンコイン・エコ』というサービスがあるんだそうです。

記事によりますと、このサービスを展開しているのは、リユースや
リサイクルに関する輸出や国内販売を手がける日本リユースシステム
株式会社。
消費者の「ゴミにしたくない」「持ち帰りしたくない」というニーズ
が充たされ、リサイクルショップも持ち帰りをさせる事による
デメリットを解消できる、さらに、ゴミ削減と資源の有効活用が
されるので、非常にエコロジーな仕組みとなっている、と記事は
伝えています。

なるほど、これはよく出来たシステムですね。
できればどこのリサイクルショップがこのシステムを導入している
のか、分るようになっていればよいのですが...
リサイクル(リユース)ショップに古着を持って行ったはいいが
買い取ってもらえないで持ってかえるハメになると、なんだか
時間を無駄にしたようでガックリですよね。
そんなときに、ちょっとプラスアルファして社会貢献してみるのも
よいかと思います。売れたものがあるなら、そこから500円出しても
いいですよね。

しかし、こういうサービスに貢献してくれるユーザーは心優しい
あまりお金持ちじゃない人だったりするので、是非お金持ちな方に
貢献してほしいところです。持ってる古着のグレードも高いでしょう
から。

関連記事

”リユースショップ”と呼んで!業界団体発足

春の引越しで出た不要なPCなどどうする?

リサイクルなニュースあれこれ




※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

雑草の生えにくい自然土舗装材 『スタボン』 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー





posted by ケイエフ at 11:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック