2009年06月26日

普及促進に繋がるか?カーボンオフセット取引に公的窓口で新システム

今日も暑いです。今週も結局ケイエフ地方は2日ほどしか
雨が降らなかったので、未だ梅雨っぽくないのですが、
降れば降ったで、ゲリラ豪雨なんですけどね。

さて、そうこうしているうちに間もなく6月も終わりです。
7月になるとなんとなく夏休みのイメージが強くなるわたくしですが
msn産経ニュースによりますと、大阪市が7月18日〜8月26日の
間、天王寺動物園など市の6施設の入園料を無料にする『子どもが
元気!大阪が元気!キャンペーン』を行うことを発表したそうです。
詳細がいまひとつ分らないので各自でご確認いただきたいのですが
このキャンペーン、子供だけじゃなく、大人も入園料が無料に
なるそうです。なんとも、太っ腹。

動物園なんて、おそらく最後に行ったのは中学生のときだったのでは
ないかと思うのですが、天王寺動物園って、今、何がいるんだろう?
と昨夜サイトをチェックしてみたら、コアラとか”いた”んですね。
知りませんでした。(汗)
なんだか、久しぶりに動物園に行きたくなってきました。

夏休みに子供をどっかに連れて行かなければ”いけない”が、
お財布が厳しいとお嘆きのおとーさん、おかーさん、全部回れば
交通費だけでおこちゃまに”思い出”というプライスレスな幸せを
この夏提供できそうですよ。

さて、本題へ。国交省と財団が新たなカーボンオフセットシステムを
導入するらしいです。
asahi.comの記事によりますと、今まで複雑で費用がかさむオフセット
取引の窓口を財団が担って参加のコストを下げ、取引の信頼性も
高めるカーボンオフセット取引窓口を早ければ、今秋にもスタート
するそうです。

システムとしては、国交省所管の「交通エコロジー・モビリティー
財団」がインターネット上に総合窓口となるホームページを立ち
上げ、交通各社や旅行会社は会員登録し、顧客から集めたオフ
セット費用を払い込めば、その分のCO2が相殺され、証書が
もらえる仕組みだそうで、利用者としても小額で環境に貢献できる
場が増えるとしています。

個人的には未だ、カーボンオフセットという制度が今ひとつ信用
できません。というのは、システム自体の問題ではなく、よかれと
思って払ったお金がどこに使われたのか、全く分らないからです。

よく世間を賑わす詐欺がらみのニュースだと、社会貢献的な事業で
寄付なんかを集めて、確かに寄付はしているが集まったお金の
半分以上が事務費なんかに消えている、というのがありますが、
それと同じことにならないか?と思ってしまったりするわけです。
病んでますかね?(汗)

そう考えると、まだ植林しました、とかのほうが一般人としては
進んで参加しそうに思うのですが...




※JavaScriptをONにするとflashブログパーツが表示されます

廃瓦再生製品第2弾! 瓦再生土壌 スーパーチカラ by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー



posted by ケイエフ at 10:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック