2009年09月03日

英国王立協会が大マジメに紹介する温暖化防止策

Gizmodo Japanに、なんのために試算したのかよく
分らない恐ろしい試算の記事が掲載されていました。
その内容とは、なんと、『全人類を完全滅亡させるのに必要な
核ミサイルの数』だそうです。

内容もかなり衝撃的なのですが、結論としては、1,241,166個の
核ミサイルで全人類を滅亡させることが可能なんだとか。
でもって、現在、人類が所有している核ミサイルは、「たった」の
10,227個...なーんや、まだまだ余裕やん...いやいや、
そうじゃなくて...(汗)。

この試算が何を目的に試算されたのか、さっぱり理解できませんが
なかなか興味深い数字ではありますね。記事には、さらに興味深い
数値が示されているのですが、現在もっとも強力な核ミサイルは
B83というもので、これひとつで焼き払うことのできるエリアは、
14.9kuだそうで、これはほぼ東京の渋谷区に相当するそう
です。怖い...

さて、そんな怖いお話はおいておいて、本日のメインも大概な
お話です(汗)
AFP BBnewsの記事によりますと、英国王立協会が温暖化対策の
極めて『地球工学的』な手法を紹介しているそうです。



中身がなんと言っていいのやら...な内容になっています。
記事より少々引用しますと...

「木を植える」
「バイオエネルギー」
「風化作用の促進」

まぁ常套手段ですね...

「CO2除去装置」

コ、コ、コスモクリーナーみたいな??

「海の攪拌(かくはん)」

えっと...誰が混ぜるの??

「宇宙に日よけ」

....

この報告書の前置きとして、
『こうした手法は実験などで立証されておらず、さまざまな問題も
あり温室効果ガスを削減する代替策にはなりえないとした上で、
いくつかの手法については「有用である可能性」を認めている。』
そうです。

アイデアは、どんなものでも、とりあえずアウトプットすることに
より頭の中をすっきりさせ、新たな実用的なアイデアが浮かぶもの
なんですが、公に発表してしまうのはいかがなものなのでしょうか..

15-mizunokairo.jpg
posted by ケイエフ at 11:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック