2009年09月16日

雨で転倒、店側に2600万...有名ファーストフード店熊本で。

昨日のケイエフ地方は久々の雨で、気温がすっかり下がって
少々寒かったです。これからひと雨ごとに寒くなっていきますね。
しかし、今日はさわやかな秋晴れで、ちゃり通なわたくしには
クールビズですがすがしい朝です。

先般、ネット上でもあちこちで取上げられてるようですが、
有名ファーストフード店の熊本店の店を出たところが濡れていて
買物を済ませ高齢の方が濡れた床で転倒、障害を負い、店側に
2600万円の損害賠償請求を求めるというニュースを毎日.jpが
伝えています。


記事によりますと、同店舗入口のアーケードが工事中であったが
雨が降った状態で、店側が入口の濡れた床をモップなどで処理
していない、あるいは吸水マットなどの処置を行っていない、と
いうところが訴訟の内容のようです。

ネット上のあちこちのBlogなどの意見を見ていると、本人が
気をつけないからだ、などの自己責任論も見受けられますが、
店側の管理責任を問われることは多いようです。
あと、若い人なら瞬発力もあり、とっさにうまく大きな事故を
避けるぐらいの反応が可能かもしれませんが、年を重ねるごとに
体力も瞬発力もどんどん鈍くなり、とっさの反応が出来なくなります。

本人の、自分の体力を再認識し、事前の状況確認も大事ですが
施設側も色んなお客様が来られることを想定しての管理体制を
することも必要ではないか、と思います。

先日もこういったニュースを取り扱いましたが、被害にあった方も
施設側もどちらもいいことありませんからね。
日本の秋は台風や雨が多く降る季節であり、今月は防災月間でも
あります。最近は土砂災害などのニュースが多いですが、防災は
なにも土砂災害だけではなく、街中や家の中でも気をつけなければ
ならないところが沢山あります。
不幸な事故で一生を棒に振らないためにも、お互いに気をつけましょう。

関連記事

双方ともにいい事なし...入浴介助時に転倒さて、介護福祉士書類送検

”鉄の女”もすってんころりん、ご注意下さい、滑る季節...

転び方の実験で事故!、『ためしてガッテン』で転倒事故

ゆかキュッ!とkit 施工例〜玄関ポーチ編

Webカタログ第三弾、ケイエフの防災関連取扱製品カタログ




※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

転倒事故は施設の管理者責任を問われます!『ゆかキュッ!と』 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー





posted by ケイエフ at 10:15| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック