2009年09月17日

オフィスの必需品をエコかつ安くあげる技

今週末からシルバーウィークがはじまりますね。
有給休暇使用を許されるところなら、最大9連休となる今年の大型
連休第二弾ですが、皆様はどう過ごされますか?

気候もよいので、どこかでのんびり温泉でも、っていいかもしれない
ですが、さすがに先立つものが...というのも本音かもしれない
ですね。(汗)
e-まちタウンというサイトにそんなシルバーウィークの過ごし方の
アンケートが掲載されてますが、『おうちでのんびり』という方が
多いようですね。

箱根の温泉で有名な箱根小涌園では、新内閣の大臣と同じ苗字なら
半額、という太っ腹なキャンペーンもやってるようです。鳩山、前原、
原口なんて名前の方はお安く温泉に入れちゃうのでチェックしてみて
はどうでしょ?Walkerplusに詳細が掲載されてます。

さて、最近は不況のせいもあって、なんとか少しでも安くあげれないか
とあれこれサービスを検討することが多くなっているかと思いますが
企業であれば郵便物やDMに使う封筒なんかも消耗品の中では使用
頻度が高く、できれば節約したいアイテムのひとつ。

そんな封筒も2回使いなどできる商品が出てるようですね。
IZAニュースにそんなエコで節約できる封筒のあれこれを紹介されて
います。
2回使いの封筒や、手作り封筒キットなど色んなサービス紹介されて
いますので、支店間やかなり親密な関係にある企業さんとやりとり
することが多い企業さんは、エコで節約できるサービスを参考に
されてみてはどうでしょ?

最近はなくなったようですが、以前、弊社には、どこかから送られた
封筒を上手に裏返して、まさに”リサイクル封筒”を自作して
請求書を送ってこられた企業さまがいらっしゃいました(汗)。
さすがにそれを見た時は、びっくりを通り過ぎて、ぽか〜ん状態に
なってしまいました。それはちょっと...(汗)

さらに、オフィスで避けて通れないのが、冠婚葬祭時の電報。
得意先関連のお悔やみ電報、社員の冠婚葬祭など、利用頻度が多い
ので、できることなら節約したいところですね。
lifehacker.jpにそんな電報をお安くあげる技が掲載されていました。

記事によると、e-denpoというサービス、法人会員になれば463文字
までなら台紙コミで基本料金でOK。最安値で1001円(税込み)から
電報が送れるようです。さらに、電報を送るごとにモンゴルに植林
されるエコ電報というサービスもあるようです。

463文字ってどれくらいかというと、例えば、おくやみ電報文例の
最も長そうな下記の例文で95文字です。

『ご逝去の報に呆然といたしました。働き盛りのお元気だった故人の
面影が目に浮かびます。教えていただきたいことが、まだまだたくさん
ありましたのにと悔やまれます。心からご冥福をお祈りいたしす。 』


そこからすると463文字は、結構な文章が作れますね。
探せば色々節約できて、さらにうまくいけばエコな活動もできるので
あれこれ検討してみる必要がありそうですね。

過剰包装はNO!ケイエフはチーム・マイナス6%に参加しています。
ラベル:エコ 環境 節約
posted by ケイエフ at 10:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック