2010年02月24日

これ、商品化してほしい!満タンで自動的に抜けるコンセント

昨日から、弊社も利用させて戴いている、こちらのSeeSaaブログ、
メンテナンスやら、やっとつながったと思ったら、やたら重く、
一体どうしてしまったのでしょうか?もしや、どこからアタックを
受けてるとか?...

それはさておき、先日、ちらっとお伝えした、『大阪まるごと大売出し
キャンペーン ぎょうさん買う太郎商品券』
ですが、当初の予定では
2/21までの販売だったようですが、どうやら販売先の割り当て量
(取扱量?)が微妙で、少ないところはすぐに無くなり、大量仕入れ
したところでは余りまくる、という事態となったようで、まだ同商品券
の販売を継続しているお店があるようです。

わたくしも、買いに行ったら、とあるスーパーでは”一日 150組
限定”となっていたので労働者には売ってもらえないのか...と
諦めたのですが、まだ購入できるかもしれないというわけですね。
ちなみに、まだ販売を継続しているお店はPDFファイルで閲覧可能と
なっているようです...しかし、このキャンペーン、ちょっと疑問
符が残るキャンペーンとなってしまいましたね。次回やるときは、
もうちょっと考えたほうがいいかもしれません。

今購入しても、あと2週間ほど使用可能期間は残っているので、買い
そこねた人はチャレンジしてみてはどうでしょ?ただし、今度は、
事前に電話してお店にまだ購入可能か確認してから行ったほうがいい
かもしれませんね。買いに行ったは、また売り切れてたわ、では無駄
足になってしまいますから...

さて、多分まだ試作レベルなんでしょうけど、究極の節電グッズと
思われる『Leech Plug』なるものがengadget日本版に紹介されて
いました。

記事によりますと、なんと!充電したい機器をこのコンセントを通して
充電すると満タンになったら自動的にコンセントが抜ける、という
スグレモノです。

原理はよく判りませんが、記事には、単にタイマーを使う、とだけ
書かれているのですが...ということは、満タンを察知して抜け
落ちるのではなく、満充電までの標準的な時間を自分でセットする、
ということなんですかね?

ということは、充電が満タンになっていない場合や、過充電になる
可能性もあるということなんでしょうか?
それだと、あまり魅力はないかも(汗)

しかし、この発想は解りやすくていいですね。火事を防ぐという意味
でもいいですね。
ちなみに名前の由来は、満腹になったらぺろりと落ちる”蛭(ひる)”
から来ているそうです。なるほど、納得。

動画が掲載されていたので、こちらにも貼ってみました。

Outlet Regulator Video from conor klein on Vimeo.


ラベル:エコ 環境 省エネ
posted by ケイエフ at 15:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック