2010年10月22日

起動タイミングを察知して作動してくれるエアバックヘルメット

そろそろ涼しくなってきて、野菜が高騰する中、皮肉にもお鍋が食べたくなる季節
ですね。しかし、お財布も寂しい...と。
そんな世相を反映してか、外食産業もかなり厳しい現実をつきつけられていたり
しますが、横浜になんと!15分375円食べ放題飲み放題という居酒屋が
登場しているそうです。

詳細はネタフルというサイトをご覧頂ければよいかと思いますが、バイキング
形式で和洋折衷いろいろな料理があり、飲み物も普通に生ビール、酎ハイ、
果てはカクテルまであるようです。税込で2時間3,200円ぐらいなので
かなりお得ではないでしょうか?血沸き肉踊る体育会系の猛者にはありがたい
店舗ですね。採算がとれるのかしら...

さて、それはさておき、普段はちょいと小洒落たストールのようにクビに巻き、
転倒などの危険を察知した場合、瞬時にエアバックスタイルのヘルメットに
なってくれるコンセプトプロジェクトが話題のようです。

Wired Visionが伝えるところによりますと、この画期的なヘルメット『Hovding』
を世に送り出したのは、スウェーデンのAnna Haupt氏とTerese Alstin氏。
卒論プロジェクトでデザインしたものだそうです。

仕組みはジャイロスコープと加速度計で構成されたセンサーを内蔵しており、
常に動きを監視し、危険なときにはエアバッグを膨らませる、そうです。

このエアバックヘルメットの優れているところは、色々な転倒パターンを実験
してエアバックが起動するタイミングの誤検知を抑えるように男女両方の
スタントダミーを用意し、広範囲にわたるテストを実施した、ところでしょう。
卒論プロジェクトと言えど、本格的ですね。こりゃ、すごい。

さらにすごいのは、この装置は「ブラックボックス」を搭載していて、センサー
の最後の10秒間をバッファーに常に保持し、衝撃の際に保存、ソフトウェアの
バージョンアップに使うための情報を収拾できるようにしてあるんだそう
です。学生が作ったとは思えないような発想ですね。

同サイトで実験動画が公開されていますが、かなり色んなパターンの転倒
試験がなされているようです。

弊社が関係するのり面の業界でも斜面で作業される方がいらっしゃるので、
センサーの傾き加減を調節すれば、軽量で安全を確保できるので作業性もアップし
よいのではないでしょうか?

またこれから高齢化社会になり、お年寄りが増えるので、こういう安全グッズ
が市販されるようになると、いいかもしれませんね。




※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

転倒事故は施設の管理者責任を問われます!『ゆかキュッ!と』 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー





posted by ケイエフ at 11:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック