2010年11月05日

レアメタル簡単回収技術開発、大阪府大と森下仁丹

朝からすべてを吹き飛ばす衝撃のニュースが流れてましたね。(汗)
朝起きて、テレビをつけて一気に目が覚めてしまいました。
いやはやびっくり...

思うところは色々あるでしょうが、まぁ、それはさておき、実用的な
電気自動車として話題になった三菱自動車アイミーブの個人向け
販売が開始されたようですね。(asahi.com)価格は398万円で
国の補助金が114万円出るようです。

景気がよくならない昨今ですが、円高でうまく儲けた方など
このご時勢にリッチな方は検討されてみてはどうでしょ?

さて、森下仁丹と大阪府大が工場排水などからレアメタル(希少金属)
を効率的に回収できるバイオカプセルを共同開発し、特許を出願した
と発表した、そうです。

asahi.comの伝えるところによりますと、鉄イオンを取り込んで呼吸
する微生物を森下仁丹開発の特殊カプセルで包み、レアメタルを
溶かした液体に沈めると、微生物がレアメタルを取り込む、
その後、カプセルを焼却すればレアメタルのみ採取できる、という
仕組みになっているそうで、煩雑な工程を経ずともレアメタルを
回収できるんだそうです。

色んな微生物がいるんですね。そんな微生物をどうやってみつけるん
でしょうか。こうした希少金属の回収手段はいくつか開発されて
いるようですが、問題は、携帯電話などリサイクル可能な大元の
電子機器を如何に集めるか、ですね。

そう言えば政府がやっていた携帯電話回収プロジェクトはうまく
進んでいるのでしょうか?
いま、『たんすケータイあつめたい』というサイトにアクセスして
みたのですが、終わってるっぽいのですが...

関連記事

かっちょいい!NEDO、レアアースの一種セリウムの代替技術を開発。

NEDO大活躍!今度はレアアース不要のモーター開発


ケイエフはチャレンジ25キャンペーンに参加しています。
posted by ケイエフ at 11:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック