2018年12月17日

結局どこにいても...「自然災害」の猛威に負けない47都道府県ランキング



※イメージ画像です。

大阪は12位なのか...

【天候起因の災害は運なのかな】


asagei+で、「自然災害」の猛威に負けない47都道府県ランキングを発表しています。

記事によると、独自に
過去に起きた「地震」「台風」「豪雨」「雪害」「土砂災害」「高温」を各データから調査。それをもとに独自のポイントで算出し、「災害に強い」47都道府県のランキングを作成

したそうで、詳細は記事を読んでいただければよいかと思いますが、なんとなく、結局日本という国にいる以上どこにいても自然災害の驚異から逃れることはできないような気がします。

ランキング上位トップ10だけ引用させていただくと、

1位 滋賀
2位 佐賀
3位 香川
4位 徳島
5位 富山
6位 長崎
7位 福井
8位 鳥取
9位 石川
10位 高知


となっています。

防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏いわく、

「日本の気候を見ても『分岐点』に来ています。これまでの四季折々の温暖な気候から、フィリピンやベトナムのような亜熱帯気候に近くなり、気温上昇、スコール、台風の乱発は今年に限ったことではなくなるでしょう。...


だそうです。

【住む場所は早々変えられないので...】


こう見ると、やはり自己防衛手段を考えておいたほうがいいですね。
地域により対策強化する場所が違うでしょうが、最終的には命を守ることは勿論のこと、財産(家財など)の被害を少なくするにはどうすればいいかを日頃から考えておいたほうがよいでしょうね。

保険料金も年々上がることですし...

【関連記事】


当面警戒必要か?紀伊水道で地震頻発

罰則規定もあるのか...埋め立て地、緑化義務 市条例改正へ 大津市

いいのがあるじゃないですか!...国土交通省提供『川の防災情報』

Volvoとポルトガルの企業が開発したリモコン式救命ボート『U_SAFE』がかっこいい。

災害復旧で役立ちそう...土砂を土嚢袋に簡単に入れる方法

世界の、建物価格比較を動画でランキングにしてみた映像

豪雨・融雪による土砂災害発生件数が過去 10 年で最大を記録 国交省、H29の土砂災害発生件数速報値を発表(2017)



環境・防災・リサイクルの(株)ケイエフ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。