2018年06月14日

道路上に42立方メートルほどの土砂が流出...県道松川インター大鹿線で土砂崩れ 長野

LandslideLandslide / thetalesend

※イメージ画像です。

金曜日、雨らしいですからね...

【巻き込まれた人はいない模様】


中日新聞の伝えるところによりますと、12日午後2時半ごろ、中川村の県道松川インター大鹿線で土砂が崩れていると地区の道路を維持管理する松川町の会社から県飯田建設事務所に連絡があった、とのことです。

同地域の近くにはリニア中央新幹線関連の工事があるが、現場とは少々距離があるので同工事とこの土砂災害は関係性は薄く、斜面を覆っていたモルタルの経年劣化などが原因ではないか、と記事は続けています。

【経年劣化が疑われる事故多いですね。】


昨年あたりから、ぽつぽつとこういった補強済みののり面の、経年劣化による土砂崩れが増えてるような気がします。
記事に現場の写真が掲載されていますが、結構な崩れようですよ。

【関連記事】


梅雨の影響が出始めた感じですか?...真庭の県道でのり面崩落 勝山栗原線全面通行止め

川沿いの道路と護岸が柵ごと崩落 尼崎、広島では土砂崩れで車が巻き込まれる

経年劣化の模様...岩瀬隧道(いわせすいどう)内で土砂崩落

原因は「凍上現象」、道路の推定破損箇所約4800箇所 盛岡市



(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。