2018年08月10日

おいくら万円??...ヤマハ発動機ら、ヘリで工事用資機材を運ぶ事業を2019年から取り組む

荷揚げ荷揚げ / tsuda

※イメージ画像です。

人手不足でもあるし、現場スタッフの高齢化も進んでいるのでね...

【離着陸以外は自動航行】


IT Media newsの伝えるところによりますと、ヤマハ発動機と子会社の西日本スカイテックが8月6日、産業用の無人ヘリコプターを使い、工事用の資材や機材を運搬する事業に、2019年度から本格的に取り組むと発表、鉄塔の整備などに必要な資材・機材をヘリコプターで届ける、これまで背負って運んでいた作業員の負担や運搬時間を軽減できる、とのことです。

さらに記事によりますと、17年度から九州電力と協力し、送電線の工事現場などで資材・機材の運搬実験を行い、18年5月には宮崎県日向市で1日あたり672キロの資材を運搬できた、と実績を伝えています。

【料金プランが気になる。】


ドローンではなく、ヘリということですが自動航行ができるのはすごいですね。
山の上とかだと配送業者もなかなか行ってくれないでしょうし、ドライバー不足もありますからよいかもしれませんが、気になるのはいくらぐらい料金的にかかるのか、ですね。

将来的にはこんな輸送手段も普通になるんでしょうが...
今後の実績ニュースが気になるところです。

【関連記事】


KENTEN(建築材料・住宅設備総合展)2018に行ってきました。

意外だった...高圧線の部品を交換するお仕事

今一番タケコプターに近いデバイス!?『Lunavity』

へぇ....ヘリコプターのエンジンはどうやってあの巨体を飛ばしているか?の解説動画

やっぱアレが正解だった!?...ピラミッドの巨石は水路で運んだ説の証拠が見つかる。(2017)



(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。