2018年10月01日

海水は地中に吸い込まれて消滅していく、らしいお話



※画像は、広島大学と静岡大学共同のプレスリリース『海水の減少を示唆する海洋プレートの含水モデルを提唱! 』PDFファイルよりキャプチャさせていただきました。


まぁ我々が生きてる間に干からびることはないんですが...こんなシステムになっているとは...

【海水は年に23億トン減っている。】


サイエンスポータルに面白い記事があります。
『海水は地球に吸い込まれて消滅する…そのペース、年23億トン! 』

地球表面を覆うプレートが地殻の下に潜り込む際、海水も一緒に流れ込み、これにより海の水が年間23億トンも消失している、というお話。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり引用させていただくと、
...この海洋プレートは、上面が海底なので海水を含んでいる。海水を含んだまま地球の内部に潜り込んでいくので、そのぶんだけ海の水が減ることになる。(中略)海水に接している地殻に水が含まれていることは従来から分かっていたが、最近になって、海水は、亀裂が及んでいるマントルにも含まれていることが、地震波の観測から明らかになってきた。(中略)つまり、海底にしみこんだ海水は、これまで考えられていた速さの2倍のペースで、地球内部に吸い込まれていく。

この水の量は地球全体で毎年23億トンくらいになり、現在の海から毎年この量が失われていくとすると、約6億年で海の水はなくなる計算だという。

ということだそうです。

これは広島大学と静岡大学の研究チームが発表した論文によるものだそうです。(同論文のプレスリリースがPDFファイルで閲覧可能。

【地震との関連性とかあるんですかね...】


マントルって、なんかドロドロの溶岩の塊みたいなイメージを勝手に持ってるのですが、海水がそこに流れ込んで冷えて固まるときに地殻変動的なことが起こって地震が頻発してる、とか、そんな関連性があったりするんですかね...

なんだか、壮大なスケールで色んな自然現象が繋がって、さらなる自然災害の発生の元になってるんじゃないかと思うと、ちっぽけな人間のチカラではどうしようもないですね(T_T)。


【関連記事】


構造物の補強に応用可能?...海岸に転がっている球状の不思議な岩石、形成の仕組み名大チームが解明

天然ゴムのリサイクル?...古タイヤから硫黄を選択的に分解するキノコ、見つかる。

なぜ微生物??雨の原因は『バイオエアロゾル』なのか?

台風21号の次は、地震か!?...北海道で震度6弱の地震


(株)ケイエフの環境・防災・リサイクル



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。