2018年11月08日

雨水を流す工事の最中だった...市原市で幅50m、土砂崩れ発生



※画像は、ANN NEWSの動画よりキャプチャさせて頂きました。

雨水を流す工事が間に合わなかったわけですね。

【巻き込まれたヒトはいない。】


ANN NEWSの伝えるところによりますと、6日午後2時すぎ、千葉県市原市大桶で道路脇の斜面が約50メートルにわたって崩れた、とのことです。
当時、小雨が降っていた、斜面の上では雨水を流すための設備を設置する工事が行われていた、と記事は続けています。

【タイミング悪し、というところでしょうか。】


工事が完了してたら防げたんですかね...
この金曜日も全国的にお天気崩れそうなので注意が必要ですね。
近畿は紀伊水道の地震が連続したばかりなので、雨が降るとちょっと怖いですね。

【関連記事】


こんなんアリなの?...国道305号の土砂崩れ現場に『コの字型』の仮設道路 福井県

林道寸断...河内川沿いの斜面で大規模土砂崩落 山梨

季節的にはよい時期なので要注意、台風や豪雨で遍路道12カ所倒木や土砂崩れ

台風前になんとか... コンクリートごと土砂崩れ、17世帯孤立 山梨

台風の次は秋雨前線か...西日本と北陸、前線の影響で土砂災害相次ぐ



(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。