2018年11月21日

ちょっと無謀な錬金術...イーロン・マスク氏、トンネル掘削で出た土からトンネル掘削資金を作りたい模様。



※画像は、electrecの記事よりキャプチャさせて頂きました。


商魂たくましいというか、わらをも掴む思いといいましょうか...

【掘削土はレンガにしてDIY時計Kitに】


テスラ社のイーロン・マスク氏がハイパーループ構想を進めている話は随分と話題になりましたが、今度はこのハイパーループ構想で掘削した土でブロックを作り、そのブロックを使ったDIY時計台を販売しようとしている、とtechable.jpが伝えています。そして、ブロックを販売したお金をさらにトンネル掘削につぎ込んで資金の循環に使いたい模様。

記事によると、
一見、ジョークにも捉えられかねないこの発想だが、株価に左右されない資金を得たいと望むマスクは、突飛なアイデアを実際に製品化ししまう商魂の逞しさをもっている。

これまでも火炎放射器やキャンディなど、本業からはかけ離れたところでの商売を展開し、世間を驚かせている。

と伝えており、あながち冗談ではなさそうです。

また、tech crunchによると、このブロックの値段はわずか10セントになり、手頃価格の住宅プロジェクトにつながるかもしれない、とマスク氏がツイートしている、と伝えています。


【確かに資金循環だけど...】


どこの企業でも製造工程で出る廃棄物をどうにか金に変えられないか?と頭を悩ましているわけですが、『イーロン・マスク』というブランドがあれば、掘削で出た土も価値が出るんですかね...しかし、なぜ時計台??

資金調達方法のひとつではありますが、少々無謀なのでは?と思っていたら、記事にもあるように、ほんとに火炎放射器とか売ってるんですね^^;

逆にどれくらいそのDIY時計台が売れるのか、気になるところです。

【関連記事】


強そう...『坑道掘削機』の見た目がちょっとした兵器な件

googleがトンネル掘削技術に参入?「HyperSciences」

あらら、やっぱ確定ですか...県道松川インター大鹿線の土砂災害、リニア工事の影響と発表(2017)

近くでリニア工事...県道松川インター大鹿線滝沢トンネル北西側 飯田市(2017)



(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。