2018年12月12日

川の水が高アルカリ化?フナやコイが死ぬ...原因はトンネル工事か?



※画像はMBSニュースの動画からキャプチャさせていただきました。


配慮が足りなかったのかな?

【川の水が高アルカリ化】


yahooニュースの伝えるところによりますと、5日午前、兵庫県西宮市の津門川で水が白く濁り、コイなど約150匹が死んでいるのが見つかり、これについてJR西日本は6日に会見、山陽新幹線の六甲トンネル内で行っている補修工事で使われたモルタルが水路を伝わって津門川に流れ出て、川の水が高アルカリ化したことで魚が死んだ可能性が高いと発表した、とのことです。

念の為、現在は工事中止中と記事は続けています。


【原因は未だ不明?】


普段はどうしてるんでしょうね?
工事中にモルタルが流れ出ることは珍しくないような気がするのですが...勿論、通常、濁水対策は施されてるでしょうけど。

ある意味、冬場でよかったかもしれません。子供が川に入って遊ぶことはないでしょうから。
気をつけないといけませんねぇ。


【関連記事】


市営住宅そばののり面が長さ30mに渡って崩壊 改良工事中だった 倉敷 

雨水を流す工事の最中だった...市原市で幅50m、土砂崩れ発生

開発業者が倒産...台風被害の近鉄沿線のり面崩落災害、復旧は住民で負担1億円

最近多い、現場の事故...高速道路の工事中、穴の中で土砂崩れ 作業員死亡 山梨




(株)ケイエフの反応型けい酸塩系表面含浸材 リアル・メンテ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。