2018年12月14日

応急対策の最中だった模様...国道378号ののり面に亀裂 愛媛



※画像は日テレニュース24からキャプチャさせて頂きました。

事故る前でよかったですね。年末だし。

【応急対策中ののり面、危険度アップにつき】


日テレニュース24の伝えるところによりますと、愛媛県大洲市長浜町沖浦の国道378号の海に面したのり面に亀裂が複数入っているのが見つかり、崩落の恐れがあるとして上下線を通行止めにした、解除のめどは立っていない、とのことです。

現場は崩落のおそれがあるとして応急対策の最中だった模様。

【無事に年越ししたいところです。】


道路まではちょっと幅があるようですが、崩れたら道路直撃でモルタル片が転がってきそうです。
年末だし、無事に年越ししたいですよね。

こんなところが他にもあるんだろうか?
最終点検しておいてほしいところです。

【関連記事】


川の水が高アルカリ化?フナやコイが死ぬ...原因はトンネル工事か?

自動飛行から解析、レポート作成までを自動化...鉄塔を自動点検するサービス「TOWER CHECK」

これは怖いがやむ無しなのか...異常道路を2年未補修 「要対策」判定の2割超、高速3社

定点観測ならWebカムみたいなほうがよくない?...ドローン使って土砂災害前兆現象確認 敦賀市など調査



(株)ケイエフの特殊配合モルタル吹付工



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。