2011年01月21日

三重県の国道で、コンクリート壁落ち、作業員死亡

WebR25に『自分の嗜好と合った味の数値化が可能に』という、とても
興味深い記事
が掲載されていました。

慶應大学発のベンチャー企業AISSY(アイシー)が開発した「味覚センサー」
を使えば、味の傾向を数値化することが可能で、それによって自分の味の
好みを数値で表すことができるそうです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、これを使って、気軽に
自分の嗜好をチェックでき、飲食店業界でデファクト・スタンダードになって、
メニュー表なんかに表示されるようになれば、はじめて食べるメニューでも
失敗しないで食べれますね。いやはや、科学のチカラはすごい。

さて、三重県津市の国道でののり面工事中にコンクリート片が剥がれおちて
作業員がお亡くなりになるという痛ましい事故が発生したようです。

中日新聞が伝えつところによりますと、20日午前9時30分ごろ、津市野田の
国道23号バイパス(中勢バイパス)の延伸工事現場で、工事現場にある河川の
のり面にコンクリートを流す作業中、重さ3トンのコンクリート板の型枠が崩れ、
作業員はその下敷きになり、死亡したとのことです。

怖いですねぇ。この時期は、寒さもあいまって、あちこちに神経を集中しないと
いけないですが、寒さゆえに反応は遅くなってしまいますよね。現場で作業される
皆様、なかなか厳しいですが、お気をつけください。

弊社では、落石防護網用高耐久線材も取り扱っております。
工事関係者の皆様、行政の皆様、是非弊社のサイトを一度ご覧頂き、ご検討頂ければ
幸いです。

あわせて




※JavaScriptをONにするとflashブログパーツが表示されます

労働災害撲滅へ!セーフティークライマー工法 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー







posted by ケイエフ at 10:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック