2011年01月25日

南半球の大雨とは裏腹に、中国北部3ヶ月まとまった雨なし

昨日あたりからまた寒くなっているケイエフ地方ですが、冬のこの時期、
もっとも室温が暖かいのはどこか?というのをITmediaニュースが伝えて
います。


以前聞いたことがあるのですが、やはり一位は北海道。
私が以前聞いた話では、北海道の冬は半端無く寒いので、その反動かどうか
は定かではないですが、ガンガンストーブを炊くとか...でもって
冬の室温は南国のように暑いとか...

記事によると、一番寒いのは佐賀県だそうです。佐賀県って、暖かいん
ですか??記事には布団の枚数や部屋での薄着度も示されているので
ご自身のお住まいの地域をご覧になってみるとよいかもしれません。

さて、このところ、南半球のオーストラリアやブラジルでは大洪水が
起きて大変なことになっていますが、その反面北半球の中国北部では
もう3ヶ月もまとまった雨が降っておらず、水不足が懸念される、と
AFB BBニュースが伝えています。

記事によりますと、北京では過去3か月以上目立った降雨がなく、
市周辺に植えられた小麦の苗の9割近くが、しおれて枯れそうになって
おり(京華時報 談)、東北部の山東省では60年ぶりの水不足に
なっており、飲料水不足に陥った住民は24万人に達しており、近い
うちに30万人を超える恐れがある(英字紙チャイナ・デーリー 談)
だそうです。

またこれに対して専門家の間では、地球温暖化や干ばつ、北京とその
周辺で水消費量の急増などが水不足の原因だ、と話しているそうです。

先日天気予報で、東京もひと月ほどまともな雨が降っていないと
言ってましたが、気候は両極化にあるようですね。
日本の豪雪を持って行って溶かして使ってください、と言いたくなって
しまいます。うまいこと行きませんね。こればかりは自然が相手
なのでどうにもならないですが...

あわせて



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。


Get Adobe Flash Player






ラベル:地球環境 気象
posted by ケイエフ at 10:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック