2011年02月10日

週末雨で注意喚起 霧島連山 土砂撤去作業進む

ミジンコが人間より多い遺伝子を持っていると、AFP BBニュース
掲載されていて、ちょっとびっくりです。
もっと単純な生き物かと思っていたのですが、その三分の一以上は、
未知の遺伝子なんだとか。さらにびっくりなのは、ミジンコは繁殖
するたびに遺伝子の数が倍増していくらしいです。
これって、繁殖するたびに種がパワーアップしてるってことなん
ですかね?恐るべし、ミジンコ...

さて、今週末は三連休になる方も多いかと思いますが、お天気は
下り坂っぽいですね。そんな中、いま最も天候が気になる地域、
霧島連山周辺で土砂撤去作業が進んでいるようです。

IZAのニュースが伝えるところによりますと、10日夕から11日朝に
かけてまとまった雨が降るとの予報で、地元自治体などは避難計画
づくりなどの対策を急いでおり、砂防ダム3カ所にたまった土砂を取り
除く作業を続けている、とのこと。

国土交通省九州地方整備局によると、都城市と高原町の計35カ所の
渓流に1センチ以上の降灰があり、1時間4ミリの雨で土石流が発生
する可能性がある、んだとか。

怖いですねぇ。昨日も某テレビニュースでやってましたが、灰が積もった
場合と灰がない場合で、地面に水が浸透するスピードが倍ぐらい違う
そうです。よって、降った雨が地面にしみ込まず土石流へと繋がって
いくんだとか。

実験映像もその番組では流れてましたが、灰が積もった場合に発生した
土石流は、通常よりも長い距離を流れるようです。
新燃岳周辺で降灰の影響を受けている地域の皆様は、早め早めの対応で
災害に巻き込まれないよう注意しましょう。

それにしても、この降ってくる灰をうまく利用して、災害がおきないように
できないもんですかね?...困ったものです。

あわせて






※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

雑草の生えにくい自然土舗装材 『スタボン』 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー





ラベル:霧島連山 防災
posted by ケイエフ at 10:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック