2011年02月21日

使われなくなった公衆電話の利用法あれこれ

しばらく暖かくなりそうですが、まだまだ油断できない
今日この頃。しかし、春近しということで、冬の間にどっぷり
溜め込んだ脂肪がそろそろ気になる方もいらっしゃるかと...

毎年色んなダイエット方法が世間を賑わせていますが、なかなか
続かないですよね。(汗)
そんな方に、もし毎日眺めるだけで痩せられる絵があったら、
眺めてみますか??

カラパイアでそんな絵が紹介されています。ほんとですかね?
まぁ、個人差はあるでしょうが、記事によると3ヶ月で11kg
痩せた、という方もいらっしゃるとか...

見てると気分悪くなることもあるらしいので、自己責任でどうぞ。

さて、最近、近所の小学校の体育館が改装されるのか、懐かしい風景が
解体されてるのを見て、昭和がまたひとつ消えていくなぁ、なんて思って
いたのですが、街の風景のひとつと言えば、公衆電話ボックス。

携帯電話が広く普及して、その役目もほとんどなくなってしまったので
日本でも撤去が進んでいるようですが、IDEA*IDEAで世界の使われなく
なった公衆電話のリサイクル法が紹介されています。
ネタ元にもっと画像があるようです。)

水槽に、バーの入り口に、図書館に、はたまた公衆便所にと色々考えて
第二の人生を歩んでいるようです。
水槽はいいですねぇ。エコな時代のいまなら、観葉植物を植えたり、
ツタやコケで覆ってもいいかもしれません。

ちなみに、ご自身の職場あるいはご自宅の近くにどれぐらい公衆電話が
あるのかを地図上に表示してくれる『公衆電話チズ』というサービスが
あるようです。(リンク先の左上に住所を入力すると地図を移動できます。)

とりあえず、弊社の近所のリンクを貼ってみましたが、かなり少ない
ですね。(どこまで正確なのか、わかりませんが...)
公衆電話と並んでポストも減っているという話もあるようで、『ポストマップ』
という同じようなサービスもあるようです。

最近はコンビニにポストがあったりするので、そう困りはしないのでしょうが
タバコ屋を廃業したため、ポストも撤去されました、という感じのところは
多いのではないでしょうか?うちの近所もポストがひとつ減って、ちょっと
困ってしまいました。
まぁ、時代の流れなので仕方ないのかもしれません。

上記の公衆電話のように、街のオブジェとしては残すと、撤去費用を節約できて
しかもいいかもしれません。



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。


Get Adobe Flash Player



あわせて



posted by ケイエフ at 10:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック