2011年02月22日

レアアース禁輸でもOK?インクで好感度センサー

アンドロイド端末やモバイルゲームにノートPCと身の回りに
液晶使用ガジェットが増えてきましたね。
そんなときに、液晶を傷つけないように保護フィルムを貼る機会が
増えてきたかと思いますが、これがなかなかどうして、うまく
貼れなかったりします。

情報屋さんというサイトで、そんなガジェットに液晶保護フィルムを
うまく貼る方法の動画が紹介されています。この動画を参考に
お手持ちのガジェットに保護フィルムを上手に貼ってみてはどう
でしょ?

さて、某国がレアアースの輸出を抑える方向で話が進んでいる昨今、
資源の少ない我が国でなんとかして資源を確保しないといけない
わけですが、代用できるものない??と探したところあったそうです。

yomiuri on-lineが伝えるところによりますと、この発見をしたのは
千葉大の山田豊和・特任准教授(35)ら日、独、仏3か国の共同研究
チームだそうで、インクや染料・顔料などに含まれているフタロシアニン
を使ってみたところ、有機分子1個で磁気センサーの働きをすることを
発見、センサー感度も10倍になることがわかったそうです。

これを何に使うかというと、パソコンなどのハードディスクの記録読み
取り装置に使う磁気センサーで、安価な材料でパソコンなどの小型化や
高性能化が図れる、そうです。

近年日本発でレアアースの代替技術やレイアースそのものを使わないで
済むものやレアメタルをリサイクル回収できる技術が発表され、この
開発力のすごさを改めて実感する日々ですが、これらの技術が実用化
されるのは、いつごろなんですかね?

フタロシアニンって一体どんなものなんだろう?と検索をかけてみたら
ちょっと面白いページが出てきました。(独)物質・材料研究機構の
ページ
のようですが、このフタロシアニンという色素、割と身近な
ところで活用されていて、新幹線の青やCD-Rの裏が青い奴がありますが
あれなんかもフタロシアニンだそうです。

しかも、ページの研究によると、今後も金属との化合物で色んな可能性を
持った有機色素らしいですよ。詳細は同機構のページでご覧ください。

関連記事

かっちょいい!NEDO、レアアースの一種セリウムの代替技術を開発。

NEDO大活躍!今度はレアアース不要のモーター開発

年末年始に気になったニュースあれこれ。

ケイエフはウォームビズです。

あわせて




posted by ケイエフ at 09:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック