2011年02月23日

人体だけじゃなく環境破壊も 違法コカイン栽培が招く森林破壊

ここのところ、日中は暖かいですねぇ。このまま暖かくなって
くれればいいんですが...まぁ、そうもいかないでしょうけど。

こう暖かいと冬眠してる動物が勘違いして起きたりしないのですかね?
冬眠と言えば、asahi.comに冬眠中のクマの体温は省エネモードで
体温は下げずに代謝を落とす、という記事があり、人間に応用できれば
将来遠い星に宇宙旅行に行くような場合、役立つ、とありましたが、
遺伝子とかいじくってできるようなものなんでしょうか??

なんだか、氷河期のような急激な環境の変化を与えて、進化を促さないと
できないような気がするのですが...

さて、某ストリッパーの薬物使用問題がテレビで報道されており、あわせて
最近では、老人に薬の”運び屋”をさせるケースもある、という報道を
見たのですが、違法薬物はいけませんねぇ。

そんな違法薬物のひとつ、コカインの違法栽培が森林破壊の重大なファクター
となっている、という調査研究が発表されているそうです。

National Geographicの伝えるところによりますと、ニューヨーク州立大学
ストーニーブルック校の生態学者リリアナ・M・ダバロス氏が率いる研究
チームがコカ栽培に伴う二次的な森林破壊を初めて数値化したそうです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、通常のコカの栽培が
問題なのではなく、人里はなれた場所での違法栽培が森林破壊に繋がっている
ようです。

つまり、違法薬物製造用のコカ栽培を人里はなれた場所でやると、
その近辺で食糧確保のための農作をすることになり、これが生態系破壊に
繋がっているというわけです。そして、なぜそのような違法栽培が
行われるかというと、貧困という問題にたどり着くそうです。

なんとも切なくなる結末ですね。現地のヒトからすると生きるために
やらざるを得ない、というわけです。

余談ではありますが、皆様、コカインの製造工程をご覧になったことは
ありますでしょうか?以前、youtubeにアップされていたのを見たことが
あるのですが、硫酸や石油の分留成分のケロシンという液体にコカの葉を
つけこんだものを蒸したりする工程を何度か繰り返してできるんですね。
その工程を見てるだけで、カラダによいわけないな、と思ってしまいます。

人体にも環境にも悪いコカイン、というより、それを作ってる輩を
どうにか殲滅できないものでしょうかね...ものの本によりますと、
ある集団から粗悪なものを消し去っても、また同じ数だけの粗悪なものが
出てくる、という法則がある、らしいので、なくならないのでしょうが...

あわせて



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。


Get Adobe Flash Player





posted by ケイエフ at 09:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック