2011年03月02日

わかっちゃいるけど...ブラックカーボン削減で温暖化防止、および健康に

2/28より『ねんきんネット』というサービスがはじまっており、
オンラインから自分の年金の確認と将来もらえる年金の見込額が
わかるそうです。昨日、早速アクセスできないというトラブルに
なっていたようですが、復旧したみたいですね。
しかし、マイページを作るのが面倒臭そう...

話はがらっと変るのですが、世の中には色んなお祭りがありますが、
フィリピンのマニラ市主催の環境保護のお祭り、『カラコル・
フェスティバル(Caracol Festival)』が奇祭だとAFP BBニュース
伝えています。

絶滅寸前の動物に扮したヒトたちが踊りまくるそうです...
まぁ、日本のどっかの卑猥な造形物を祭るお祭りよりはいいですね。
画像検索すると、なかなかユニークな仮装写真が見れますよ。
イカが...
カラフルなお祭りを見ると、春近し...と思ってしまいますね。

さて、国連がブラックカーボンを減らしたら、環境面でも健康面でも
いい事づくめだよ、というすごく当たり前なんだが、軽視されがちな
報告書を発表したそうです。

AFP BBニュースの伝えるところによりますと、バイオマス(生物資源)
燃料の燃焼で排出されるススの粒子や乗り物の排気ガスなどを削減すると
気候変動の進行を鈍化させ、健康面でも多くの恩恵をもたらすという報告書
を発表、とのことです。

さらに記事によると、滞留するブラックカーボンは太陽光を吸収して熱を
蓄え、モンスーンなどの気象パターンを変えてしまう可能性もある、とも
伝えています。

昔から排ガスなどの黒いススは見てるだけでカラダに悪そうだなぁ、と
思っていたのですが、上記の理由で気候にまで影響するとは思いません
でした。

そして、何よりも健康によくなかったり、環境汚染につながりそうだと
思っていても、まだ使えるから、という理由で、古い機器をそのまま
使ってたりしますよね。

適当な年数が経てば買い換えたほうがよいのかもしれません。
日本では、もうそうでもないのかもしれませんが、アメリカなんかは
親子三代に渡って車を引き継いで乗るような習慣があるようなので
是非、このあたりの情報を入れてほしいところです。

日本にも若干好んで排ガスをまき散らしてる人たちが深夜の道路を
道路交通法無視で走ってたりしますが...





※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

循環型社会の構築に向かう、植物誘導吹付工 by (株)ケイエフさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー





あわせて



posted by ケイエフ at 09:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック