2011年03月08日

うどんって意外と...今度は廃棄されるうどんからバイオ燃料

この不況のさなかになんともチャレンジャーな、というか、太っ腹な
というか、すごい企業さんがあるんですねぇ。

asahi.comの伝えるところによると、岐阜県の未来工業という企業さん、
クイズの成績によって1年間の休暇が当たる社員旅行にマレーシアで
再挑戦する、そうです。エジプトでやる予定だったけど、反政府デモが
激しくなって中止したんだとか。

この会社、もともとユニークな社内制度が沢山ある企業さんらしい
ですが、ポイントは社員のやる気を引き出すのが狙いだそうです。
会社の思惑どおり、社員のモチベーションが上がればいいんですが...

さて、うどんの製造工程にはまだまだ使えるものがあるという
ことなんでしょうか?廃棄される讃岐うどんからバイオ燃料を
作る研究が進んでいるそうです。

msn産経ニュースの伝えるところによりますと、香川県と地元の
機械メーカーなどが、廃棄される讃岐うどんからバイオエタノールを
作る取り組みが進められているそうす。

『廃棄される讃岐うどん』とはどういうことか?というと、記事によれば
県内のある製麺会社で、製造過程でラインから落ちるなどしたうどんが
年間約1500トン焼却処分されており、これをなんとかリサイクル
できないか?と考えた結果、バイオエタノール製造にたどり着いた
ということらしいです。

以前、スラッシュドットジャパンでうどんのゆで汁からバイオエタノール
を作る実験に成功した、という記事がありましたが、うどんの製造工程
には、まだまだリサイクル要素がたくさんあるってことでしょうか?

せっかくの研究に水をさすようで悪いのですが、逆にこの、発生する
無駄な工程をうどん製造の工程から無くすことはできないんですかね?

ゆで汁と廃棄うどんから作ったバイオエタノールでどれくらいの
燃料を供給できるかわかりませんが、これでタクシーとか稼働させたら
県のちょっとしたブランドにできるかもしれませんね。

関連記事

みかんの絞りカスからバイオ燃料 愛媛

新たなバイオ燃料に期待、産総研、バイオブタノールの高効率精製技術を開発

砂糖の生産量そのままで約5倍のバイオエタノール生産する技術が開発される。

技術的以外の課題がありそう、尿で走る自動車 研究中



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。


Get Adobe Flash Player







あわせて
posted by ケイエフ at 13:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック