2011年03月10日

非科学的だが用心したほうがいいかも!?”3月19日は、スーパームーン”

日に日に日差しは春っぽいのですが、なんでしょうか...この風...
やたら冷たい風が吹いているケイエフ地方です。まぁ...一部
雪が降ってる地域の方からすれば、鼻で笑われてしまいそうな程度
の寒さですが...

この時期は卒業、入学、転勤、転居というキーワードが多く見られる
時期ですが、そんな引越し絡みで悲しいニュースが流れてますね。
yomiuri on-lineの伝えるところによると、引越しで不要になった
家電やマットレスなど200キロを歩道に捨てた、という男が逮捕された
そうです。

この時期じゃなくても、例えば、信号待ちしてる車からおもむろに
ドアを開けてタバコの吸殻を路上に捨ててるオヤジとか、ひと目に
つきにくい一般道に車内で食べたファストフードなどのパッケージを
道路にぶちまげてる光景をよく目にしますが、どういう神経をしてる
んだろう、と思ってしまいますね。

街はゴミ箱ではございません。人として恥ずかしくない行動を心がけて
ほしいものです。

さて、ちょっと非科学的なお話ですが、あながち見過ごせない”スーパー
ムーン”という現象が、この3月19日にやってくるそうです。

ロケットニュース24の伝えるところによりますと、この3月19日に
月が地球に最接近する”スーパームーン(supermoon)”という現象が
19年ぶりに起こるようで、世界のアマチュア科学者の間で話題に
なっているそうです。

まぁ、この世界のアマチュア科学者が騒いでいる内容は、スーパー
ムーンの時期に大きな地震が起こるとか火山活動を引き起こすとか
いう、半ばノストラなんちゃらの大予言的な内容のようで、これに
対して、オーストラリアの天文学者デイビッド氏は「陰謀論者たちは、
常に自然災害を利用したがる傾向にある。地震や噴火には関係ない
ことだ」と釘を指しているようです。

ただ、ここからがちょっと重要なんですが、上記の氏いわく、釘を
刺しながらも、

「地球は普通の規模より大きな満潮・干潮を観測するだろう」

と語っている、そうです。
つまり、ここ最近、頻繁に細かい地震が発生してますが、先日のように
東北沖の地震が発生し、津波警報が出るような規模のものがこの時期に
重なったら、影響が出るのではないですかね?

この非科学的な記事を読みながら、ふとそんなことが頭をよぎりました。
まぁ、不安をあおるつもりはないのですが、そんなこともあるのか?と
頭の隅においておいてもよいのではないですかね?

潮の満ち干きというのは、意外に人間のカラダなどに影響を与える
現象なので...

ちなみに、このスーパームーンの日、地球と月の間の距離は、約35万
6577キロメートルになるんだそうです。
東京〜ニューヨークが約10860キロメートルらしいので、その
約32倍ですか...それでも32倍なんですね...

あわせて



ケイエフはウォームビズです。
posted by ケイエフ at 10:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック