2019年02月12日

最大60〜70m/秒の暴風だった...大阪での台風21号 京大が推定

風見風見 / kaidouminato

※イメージ画像です。

そりゃ、あちこち破壊されますわ┐(´д`)┌ヤレヤレ

【複雑なビル群が作る空間が暴風を生む】


産経新聞の伝えるところによりますと、平成30年9月に台風21号が近畿地方を襲った際、最大瞬間風速47・4メートル(秒速)を観測した大阪市内で、難波など中心市街地では局所的にさらに強い毎秒60〜70メートルの暴風が吹いていたと、京都大防災研究所の竹見哲也准教授(気象学)らのグループが推定した、と伝えています。

詳細は記事を読んでいただければよいかと思いますが、高さの違うビルが混在する都市部のビル群に抜ける風は、瞬間的に風速が強くなる現象があるんだそうで、それが原因ではないか、と記事が伝えています。

【風速32m以上の表現がない?】


弊社も看板を持っていかれた台風21号。
私事で恐縮ですが、筆者の近隣も台風21号による被害の修復作業がようやくはじまりました。

それにしても、すごいですね、風の強さを比較する表がネットでいくつか見れますが、風速32m/秒で『暴風』と表現され、”めったに起こらない広い範囲の破壊を伴う。”となっています。

しかし、都市部では瞬間的とは言え、それ以上の風が吹いていることがあるわけです。
そりゃ、TMレボリューションごっこしてたら、死にますよ(T_T)

そう言えば、この、ビル風をうまく利用して逆に夏場のヒートアイランド現象を軽減するグランドデザインがある、というのも聞いたことがあります。

それはさておき、やはり台風時にビル群内を移動すると危ないということです。
台風時はおとなしく家にいましょう。あと宅配ピザとか頼むのやめましょう。

【関連記事】


嫌なジンクス...亥年は自然災害が多い?

2018年で地球上最強??と噂の台風21号、今日にも日本上陸

やっぱり台風進路にある地域は活動休止すべし!台風21号の猛威を目の当たりにした瞬間あれこれ。

この程度で済んでほしかった...シュールな台風21号被害

21号よりひどくないか!?...香港を襲った台風22号が荒れ狂う映像

雨が降ったら次は氾濫?...雨畑川の川底、10月の台風で4メートルアップ 山梨



(株)ケイエフの、のり面工事・土木工事の安全確保アイテム



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。