2019年05月21日

獣害対策にならんがな...カナダで『煩悩の塊イーヌ』が爆誕してしまう。

RingedRinged / OakleyOriginals

※イメージ画像です。

皆様んちの番犬ちゃんは大丈夫?

【バカ犬なのか、賢いクマなのか?】


IRORIOの伝えるところによりますと、カナダ・オンタリオ州在住の「Jesse ‘Writer, Not Writer*’ Jordan@JesseNeon」氏の悩みは、家の外に出しておいたゴミをクマに荒されることだそうで、番犬のBrickleberryちゃん(通称「Brick」)に夜間に、何かあらわれたら吠えて追っ払え、としつけていたそうです。

ところが出没するクマは、このBrickちゃんにシカの骨をやったら吠えないことに気が付き、見事Brickちゃんの買収に成功。
これまでに3回買収されている、らしい。(((*≧艸≦)ププッ

そのご満悦な御本尊がこちら。




なんとも幸せそう...


【こちらのクマは意外と安心、らしい。】


記事によると、この地域のクマは意外と危険度が低いらしく(そんな野生動物いるのか!?)、brickちゃんに襲いかかるようなことはないらしい。

しかし、番犬なのに食べ物につられてあっさりご主人を裏切るとは...さすが、ち...いや失敬、そんなこと言っちゃいけませんね^^;
これ、どうなんですかね?獣害対策になってないような...

日本の番犬はどうなんですかね?
とあるワンコは、見事にイノシシからご主人を守ったようですが...(※閲覧注意、かなり壮絶な戦闘の後の姿になっているので

にしても、このクマの学習能力というか知恵の使い方というか、末恐ろしいものがあります。
日本のクマもここまでやるでしょうか?

そうなると、さらに獣害が深刻化しそうです。
なんだかんだ言っても、野生動物は野生動物。むやみに近づいたり、戦闘を挑んだりするのはやめましょう。

【関連記事】


春だし野生動物、活発化?中能登・国史跡「雨の宮」6カ所、イノシシに荒らされる

犯人はイノシシか?ロマンスカー、落石接触で緊急停止

新たな獣害が...小学生、猿に追いかけられて車に轢かれる事故が発生 青森

獣害対策もICTか!スマホから遠隔操作でワナ作動が普及の兆し



(株)ケイエフの獣害対策はのり面工法を選択して!



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。