2019年05月30日

構造だけなら24時間で一棟できちゃう!『村』ひとつ3Dプリンターで製造 南米で





災害時の仮設住宅とか、これでよくないですか?

【低所得層向けで農作や養鶏もできる、らしい。】


ブルームバーグが興味深いニュースを伝えています。

この夏、南米に3Dプリンターで『村』ひとつ作っちゃうそうです。
現地のコンクリートを使い、移動可能な3Dプリンターで200戸作る予定で、屋外キッチン完備、広いスペースもあるので、農作や養鶏が可能だそうです。

動画で詳細が紹介されているので、どうぞ。(日本語字幕あり)





【仮設住宅とか、これよくない?】


動画に仕上りパースみたいなのが映ってますが、昭和なボロアパートよりはるかによいですよね。^^;
構造だけなら24時間でプリント可能というなら、災害時の仮設住宅とかこれでよくないですか?

なんなら、昭和なボロアパートもこれで建て替えちゃうとか...^^;
コンクリート構造物はこれから3Dプリンターで作っちゃう時代になりそうですね。

【関連記事】


この熱、なんかに使えないのかね? コンクリートが固まる際に出る熱でゆで卵をつくる実験

マジか...レーザー積層タイプの金属3Dプリンタがすこぶる有能な件

今度は液体から成型...最新の3Dプリンターがなんかすごい件

印刷するだけじゃない!『4Dプリンター』なるものが開発されてるらしい。

コンクリートは燃えないが、爆発する可能性がある、らしい。




(株)ケイエフの反応型けい酸塩系表面含浸材 リアル・メンテ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。