2019年07月05日

土砂災害危険度分布さらに詳細に 気象庁





ブックマークしておきましょう。

【5km四方から1km四方へ】


テレ朝newsの伝えるところによりますと、気象庁がホームページで公開している土砂災害の危険度分布を伝える地図が、より詳しく表示されるようになったとのことです。

やり方をabema tvの動画が紹介してるので、どうぞ。



記事によると、これまで5km四方の網目で表示されていたが、先月28日から1キロメートル四方となり、より細かく危険度を伝えることができるようになった、さらに、2時間先までの予想雨量などをもとに危険度を表示し、10分ごとに更新される、と記事は伝えています。

【これは判り易い。】


スマホからも同様に見ることができるので、ブックマークしておくとよいですね。

同ページは土砂災害の危険度だけでなく、浸水害、洪水、雨の様子もボタン切り替えで見れるのでよいですね。
予測範囲が狭まったことで、より判断がしやすくなります。

是非ブックマークしておきましょう。

ちなみに広島県とソフトバンクが共同で開発した、「防災マップ(大雨警戒レベルマップ)」というのもあり、こちらはひと目で土砂災害の危険度が判るようになっているそうです。(Jタウンネット東京

【関連記事】


消火訓練用VRがいろんな意味ですごい。

意外と人気?今度はドイツの重機シュミレーションゲームがバージョンアップ

趣味と実益を兼ねてどうぞ、重機操作ゲーム『重機でGO』まもなくローンチ。




(株)ケイエフの特モル 特殊配合モルタル



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。