2019年08月06日

賃貸居住者は一度見ておくとよいかも...賃貸住宅でのDIY、やってOK? NG? が1分で分かる判定ツールを開発 一般社団法人HEAD研究会





こういうの、国がちゃんとまとめたほうがいいと思うんだが...引っ越しするときの原状回復については国交省から、ガイドラインが出てるみたいだが

【最終的には大家との話し合いなんだろうけど】


一般社団法人HEAD研究会(※)が2019年5月20日、独自にまとめた「賃貸DIYガイドラインver1.1」を公式サイトで一般公開した、そうです。

プレスリリースの内容によると、本ガイドラインは、諸外国と異なり入居者が内装にまったく手を加えられない日本の賃貸住宅での慣習を覆し、好みの空間を自らの手でつくり愛しみながら暮らせる賃貸住宅とそこで豊かな生活文化が育まれることを願い、有志が取りまとめたもの、だそうです。

※HEAD研究会とは建築に関わる多様な専門家と次代を担う若者が結集し、新たな文化の創造や生活の質の向上を目的として、豊かな空間や環境の形成を研究、提案する団体、だそうです。

詳細はプレスリリースを読んで頂ければよいかと思いますが、ポイントをきれいにまとめてくれているので、引用させていただくと、

POINT 01…日本では、賃貸住宅の入居者自身による改修は家主に許可を得ないで手を加えることが禁止されている場合が大半。

POINT 02…ホームセンターなどで工具や材料をそろえ、自分で家屋を修繕したり、家具をつくったりするDIY(Do-It-Yourself)がバブル経済崩壊後から徐々にブームに。賃貸入居者の50%以上がやってみたいとアンケートに回答。

POINT 03…国土交通省が賃貸住宅でのDIY普及を後押しするも、建築の知識が無い管理会社や物件オーナーが尻込み。一方で、同じく知識のない住まい手による"こっそりDIY"が増加し、事故などにつながりかねない改修も。

POINT 04…そこで、HEAD研究会の有志が集い、賃貸住宅でのDIYに関わる建築法規を簡単に調べられる画期的なフローチャートを制作した。

だそうです。


【賃貸するときのチェックポイントに】


あくまでガイドラインなので、触っていいところ、ダメなところのポイントチェックに留まるんでしょうけど、賃貸するとき、自分はここいじりたいなぁとか、あるいは住んでるときにこれはやっていんだろうか?というのをチェックするのに使えるかと。

全67ページに及ぶ超大作で、最後の方にはDIYの仕方まで写真付きで紹介されてますよ。

ときどき、とんでもない魔改造して大事になってることもあるようなので、賃貸住居者は參考にしてみてはどうでしょうか。

退出するときに、とんでもない請求が来ることを考えるとなかなか出来ないですけど^^;


【関連記事】


【展示会】KENTEN2019に行ってきました。

【展示会】関西エクステリアフェア2019に行ってきました。

コンクリートは燃えないが、爆発する可能性がある、らしい。

ベニヤ板からできたとは思えない『ジオデシック・スフィア』が不思議な美しさ(2018)



(株)ケイエフの自然土舗装材 スタボン



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。