2019年09月02日

九州だけじゃない...山梨や青森でも土砂災害多発

DSCF7224.jpgDSCF7224.jpg / Personlin

※イメージ画像です。

九州北部は大雨の影響大でしたが、九州だけじゃないんです。

【青森、山梨でも...】


まずは、九州から。

日テレnews24の伝えるところによりますと、27日、佐世保市江迎町では幅約70mにわたってがけ崩れが発生、その他、倒木や石が道路に流れ込んだ、と伝えています。

さらに、記事では松浦市でもがけ崩れが発生し、道路を塞ぎ、県下12箇所でのり面崩落、5箇所でがけ崩れが発生している模様。

松浦市の土砂崩れはツイートにもアップされてるようです。



大分県日田市では、民家の裏山が崩落、民家の一部が損壊、二棟が床下浸水だと大分合同新聞が伝えています。


長崎自動車道では、地震でもあったのか、と言わんばかりの状態です。

続いて、青森県。
Web東奥の伝えるところによりますと、青森でも、28日夜にかけて大雨となったようで、鯵ケ沢町北浮田町平野の鯵ケ沢道路で、道路下の盛り土ののり面が約100メートルにわたって崩落したとのことです。


さらには、山梨県。
山梨といえば、先日富士山で落石があり、その落石が登山者に直撃して死亡事故になったこと(FNN News)が記憶に新しいですが、大月市の岩殿山の山頂付近にある巨大な岩の一部が崩落し登山道を塞いでいた、とUワク♥UTYが伝えています。


【いつでも逃げれるように準備を】


先週は全国的に雨模様となったところが多く、一部報道では、気象の配置が梅雨時期と同じような配置になっていたと伝えていました。

雨がたっぷり降ったということはそれだけ地面に雨水が吸収されてるわけで緩くなっているところが多いかと思います。

気候的には気温も下がってきて、行楽シーズンなのですが、山へ行かれる方は十分な準備と、可能であれば時期をずらすことも検討されたほうがよいかもしれません。

山が近いところにお住まいの方も、地域の防災情報や気象情報をこまめにチェックして、いつでも逃げれる準備をしておきましょう。
土石流の前には異臭がする(読売新聞オンライン)、と言いますから、嗅覚も研ぎ澄ませて...


【関連記事】


やはり被害大...佐賀県の大雨で各所土砂崩れ相次ぐ

ぱっと見、山がまるっと崩壊したのかと...福島県 雨も降ってないのに大規模土砂崩れ

休み明けの不安定な天気で土砂災害 群馬県

台風10号の影響じわり...各地で土砂災害多発。

先の台風の影響? 奇絶峡で大規模崩落 和歌山県




(株)ケイエフのコンクリートキャンバス



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。