2019年09月24日

5Gが現場仕事を変える...らしい、『5G×デジタルツイン』で建築・土木業界の測量等に関する共同実証実験を開始

Exploring Virtual RealityExploring Virtual Reality / fabola

※イメージ画像です。

人手不足解消と時短は可能なんだろうけど、あとはコストの問題ですかね...

【現場にいかずして詳細測量が可能】


ASCII.jpの伝えるところによりますと、シンメトリー社とドコモ社が「5G×デジタルツイン」で建築・土木業界の次世代の働き方を実現する共同実証実験を開始する、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、5G回線、VR・ARを活用して仮想空間にまるっとリアル現場を再現し、詳細な測量をしたりして、実寸かつ現実と同様の色や質感を立体的に再現して、現場にいかずとも現場の詳細を遠隔地でつかめるようにする内容の実証実験のようです。

将来的には電気・ガス・上下水道などのエネルギーインフラの流れや、人の動き、電車・バスなどの交通インフラなどのさまざまな情報を付加し、サイバー空間上で事故予測・故障予測といったシミュレーションを行うなど、現実空間以上の価値を持たせることにより、革新的な働き方の実現を検討

と記事では伝えられています。

【映画のような世界が現実になる、んでしょうが...】


話だけ聞いてるとかっこいいですが、めちゃくちゃ高く付きそうな...
まぁ、高度な技術や便利な技術には勿論、それなりの開発費等がかかっているので致し方ないのですが、小さな会社で使えるようになるには、まだまだ先の話になりそうです。

ただ、ドローンやロボットが現場の詳細な情報をデータ化できれば、災害復旧などには大いに役立ちそうです。

いよいよ、映画『JM』や『ミッション・インポッシブル』みたいに空間にボタンが現れて、タッチしたらあれこれイジれるような作業風景が現実のものとなるかもですね。

それはちょっと楽しいかも。


【関連記事】


誰も文句言わないのだろうか...とある大手ドローンメーカーのオフィスがカオスだと話題

測量の生産性を向上する革新的技術を募集  国土地理院

もう悪いことしか思いつかない^^;...機械学習でブロックサインを盗むアプリを作った猛者がいらっしゃる件

趣味と実益を兼ねてどうぞ、重機操作ゲーム『重機でGO』まもなくローンチ。

ICT活用 支援事務所を全都道府県に 国土交通省

AIが未来の自然災害を予測?カナダで”あらゆる自然災害”を予測するAIを開発中。




(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。