2019年09月25日

もはや肉はプリントする時代...3Dプリンターで植物由来の材料で肉を作る『Redefine Meat』



※画像はredefine meatのfacebookよりキャプチャさせて頂きました。


うまく行ったとして、お安くお肉を食べれるようになるにはまだまだ時間がかかりそうですが。

【プロユース想定のプロジェクトらしい。】


techable.jpが面白い記事を紹介しています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、植物由来の材料から3Dプリンターでリアルな肉もどきを作るプロジェクトなんだそうです。

同プロジェクトは、イスラエルのテルアビブで2018年に創設されたRedefine Meatという会社が進めており、2020年の商品化を目指し、2019年9月には、ドイツの大手食品企業PHWグループらから600万ドル(6億4500万円)の資金を調達している、とのことです。

しかも、食肉に比べて、環境負荷を95%軽減できる、と記事は続けています。

【ホンモノの肉が逆に食べれなくなったりして】


色んな意味で非常によいことなんでしょうが、こういうのが市場でデフォルトになると、所謂、”ホンモノ”を食べようとすれば、とんでもない価格になりそうですね。

どこまでのクオリティのものが出来上がるのか、全く想像が付きませんが、個人的にはそれなりのクオリティであれば十分満足です^^;

【関連記事】


ちゃりんこもこれでお願いしたい! 3Dプリンターで作ったエアレスタイヤ ミシュラン開発

構造だけなら24時間で一棟できちゃう!『村』ひとつ3Dプリンターで製造 南米で

早く市場に出てほしいです!音の94%を遮断できる新しい素材を3Dプリンターで開発-ボストン大学

マジか...レーザー積層タイプの金属3Dプリンタがすこぶる有能な件

今度は液体から成型...最新の3Dプリンターがなんかすごい件






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。