2019年11月01日

これは見ておいたほうがいい!気象庁発行のリーフレット「雨と風(雨と風の階級表)」

ニューヨーカーズカフェ銀座マロニエ通り店
ニューヨーカーズカフェ銀座マロニエ通り店 / wajun

※イメージ画像です。


この秋、日本に甚大な被害を連発した大雨、台風。
気象庁がとても見やすく解りやすいリーフレットを配布してくれてます。

【表はこまめに更新されてる模様】


MAG2NEWSというサイトに『命を守るため。気象庁サイトで確認したい、雨風の強さとその影響』という記事があり、そこで紹介されていた気象庁のサイトが非常に有用です。

記事にも風や雨の強さの目安や気象用語の解説がなされているので、読んでみるといいかと思いますが、その記事の中で紹介されていた気象庁のサイト、

■雨の強さと降り方

■風の強さと吹き方

がとても解りやすく、同ページで紹介されていた『リーフレット「雨と風(雨と風の階級表)』がとても解りやすく風や雨の強さを表現してくれてます。

同リーフレットはPDFファイルでダウンロード可能なので、今後の対策のために一度目を通しておくとよいでしょう。


記事では風の強さの事例として
予報用語で「強い風」と言った時には、平均風速 15以上20m/s未満。「人への影響」では、「風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出る。高所での作業はきわめて危険」とあります。

と紹介されています。

これは解りやすい。

【まだまだ油断できない秋】


今日から11月ですが、まだまだ気象状況は意味不明(つい一昨日、黄砂が飛んできてましたしね...)なので、今後もいつ大雨になるか判りません。

今後のためにも一度目を通しておきましょう。


【関連記事】


それだけ気象条件の比率が高いということ?気象情報から労働災害を予知するシステムが開発される

一週間でこうなるのか...地面より高いところの線路がみるみる水没するタイムラスプ映像

内閣府政府広報も注意喚起するほどの猛威、台風19号がかなりヤバいらしい。

【防災の日直前特別コラム】職場から自宅まで歩いてみたことありますか?...実録!通勤サバイバルにチャレンジした男の話。

平時はクッション、有事はヘルメット、さらにライフジャケットにも、子ども用防災頭巾『でるキャップ for school』




(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。