2019年11月28日

11月6個目の台風発生と温室効果ガス濃度が過去最高


ケイエフブログ アイキャッチ

※画像はrakuten newsの記事よりキャプチャさせて頂きました。


マジか...言い方は悪いですが、日本にはほぼ影響ないですが。

【11月、6個目】


rakuten newsの伝えるところによりますと、11月26日(火)9時、マリアナ諸島で発達中の熱帯低気圧が台風28号(カンムリ)になったとのことです。

記事によりますと、この台風は日本には影響しない模様だが、平年の11月の台風発生数は2.3個に対し、同台風は今年の11月の台風としては6個目。1991年以来で28年ぶり、1951年以降の記録では最多タイ、だそうです。

そして、このシーズンの台風は日本には影響しないようですが、アジア諸国では年明けまで台風シーズンが続くので、年末年始をアジア諸国で、とお考えの方は要注意です、と記事は続けています。

【温暖化はやっぱり影響大きいのでは...】


日本を直撃するわけではないとは言え、つい先日の27号でしたっけ?、も沖縄周辺まで北上し、それが前線を刺激して関東以北で大雨となったところも多いようですし、油断できないですね。

そもそもまもなく師走を迎えるというのに、日本の南のほうで台風が発生するというのも如何なものかと...

WMO(世界気象機関)がこの25日に発表したところによると、温室効果ガスの平均濃度が観測以来、過去最高に達したというニュースがも流れています。

海水温の上昇が台風発生の原因と言われるので、この地球温暖化はますます見過ごせない課題となりそうです。

台風や大雨、ゲリラ豪雨、そしてこのシーズンからのどか雪、こういうところが全部関係してくる問題ですしね...

今後、ますます気象情報から目が離せなくなりそうです。

【関連記事】


最終いくらになるのやら...最新の防災対策された住宅事情がすごい

やはりエグかった...台風19号の土砂災害被害 20県821件で過去最多

気候変動で起こるさまざまな事象が話題

これはどうにも出来ない...集中豪雨にも影響、『大気重力波』という現象

これは見ておいたほうがいい!気象庁発行のリーフレット「雨と風(雨と風の階級表)」


のり面工事資材販売の(株)ケイエフ





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。