2019年12月11日

防氷剤は果物から...米大学が開発

色づくぶどう色づくぶどう / kinumi.

※イメージ画像です。


塩をまくより、よっぽどいいですね。

【他の凍結防止剤よりもはやく氷を解かす】


techable.jpの伝えるところによりますと、アメリカの大学ではいま、塩化ナトリウムの代わりになる防氷剤の開発が進んでいるらしい。

その代替物は、ぶどうから作るられるようで、記事より引用させて頂くと、
ワシントン州立大学研究チームは、化学分解と自然発酵を行い、廃棄ブドウの皮から化学物質を抽出して溶液をつくった。このブドウ抽出物ベースの溶液が、他の凍結防止剤よりもはやく氷を解かし、コンクリートとアスファルトの損傷を大幅に減らして、近隣水域へのリスクも軽減することを研究チームは発見した。

だそうです。

ほかにボタンやテンサイやタンポポの葉、およびリンゴの廃棄物に適用できる、と記事は続けています。
同研究は、アメリカ国立科学財団、ワシントン州運輸省、および米国運輸省によって支援されているようで、今後に期待と記事はしめくくっています。

【路面を傷つけないで防氷できるのはよい】


果物の皮や葉っぱから抽出したエキスというのはよいですね。ぶどうだと、街にもよい香りが漂いそうです。

ちょうど今、そんなシーズンですしね。

コンクリートやアスファルトも経年劣化していくわけで、それを少しでも遅らせることができればそれに越したことはありません。

にしても、そのエキスを抽出するので、どれくらいのコストがかかるのかも気になるところですが...

【関連記事】


色々応用が効きそう!あのメーカーが吹き付ける『人工皮膚』を開発

日本でも通用するのかな?フィリピンの交差点交通事故対策




(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。